TOP >カテゴリー [アイテム ]

スポンサーサイト

* このサイトは移転いたしました。新規サイトでも引き続きお楽しみいただけます。*
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

体感レポ:サロモン「XT Hawk」 ~トータルバランスに優れたキレのある一足

* このサイトは移転いたしました。新規サイトでも引き続きお楽しみいただけます。*
トレイルランナー.JPの企画「トレラングッズ 体感レポ」で、サロモンのトレイルランニング用シューズのニューモデル「XT Hawk」をモニターさせていただていますので、2週間ほど使用してみた感想をレポートしてみたいと思います。

ちょうど昨年大晦日に横須賀から鎌倉にかけて三浦半島のトレイルをぐるっと60kmほど走るイベントに参加しましたので、その時の使用感を中心にレポートをまとめてみました。
普段はモントレイルのシューズを履くことが多いので、主にそちらとの比較した感想が多い(一般人なので気にせずズケズケ書いてます)のですが参考になれば幸いです。
最近履いているモントレイルのマウンテンマゾヒスト(以降マゾヒスト)はトレイルランニング用のシューズとしては定番の一足なので、持っている方も多いでしょうからイメージが掴みやすいかもしれません。


xthawk1.jpg
さてこのサロモンXT Hawk、まず目を引くのはサロモンらしい大胆で鮮やかな赤のカラーリング(黒バージョンもあるらしい)。
最初はちょっと照れくさいのですが、履きなれてくるとそのどことなくヨーロッパのブランドっぽいデザインと相まってなかなかカッコ良く思えてきます。
シルエットもシューズを上から見ると、マゾヒストと比べワイズがシェイプされているのでスマートで美しいです。マゾヒストはどちらかと言うとべたっとした印象があります。それでいて幅広の自分の足にも違和感なくフィットします。

XT Hawkを履いてみた最初の印象はとにかく軽いこと。これがトレラン用のシューズなのかという軽さ。他のメーカーと比べてもおそらく最軽量の部類に入るのではないでしょうか。
また踵まわりのホールド感もしっかりとあります。ホールド感はあるけど踝があたって気になるということもない。ソールの厚みもあるので、薄いシューズに慣れていると急に背が高くなったようで気分がいいです(笑)。


実際にまずロードを走ってみると、足をまっすぐ前に振り出しやすい!
これが軽さからくるものなのか、シェイプされたシルエットによるものなのか、全体的なバランスによるものなのかはわかりませんが、足がブレることなく自然にスッと前に出ていく感じがします。

「あ、走りやすい。」 素直にそう思い、ちょっと感動してしまいました。
足を繰り出す動作が気持ちいいので、自然とスピードアップも望めそうな感覚があります。
そうそう、ロードでも全然走れてしまうんです。ソールの厚みが路面からの衝撃を吸収してくれるので、固いアスファルトの路面を長距離走ると膝や足裏の痛みが不安な自分にも安心です。
トレイルランニングのレースで、それまでふかふかのトレイルだった所から固いロードに出たりすると、足裏へのダメージからその後のパフォーマンスにも影響してしまったりするのですが、XT Hawkであればその心配もなさそうです。ガッチリしていて安定感があるけど、ソールパターンがゴツゴツしているわけではないのでロードでも普通に走れます。
ロードや林道の多いレースでは、もうソールの薄いシューズには戻れなそうです。
自分がロードの練習用に普段履いているNIKE+のシューズより軽いし走りやすいです(笑)。


xthawk2.jpgトレイルを走ってみるとガレ場での足裏への突き上げを吸収してくれるので安心して走れます。ノースフェイスのラッキーチャッキーほどガッシリしたタフさはないけれど、軽さを踏まえれば十分すぎるほど。
軽くてヒールの安定感もいいので、木の根が無数に路面を這っているようなシーンでもリズミカルにかわしながら走れます。
ソールパターンの目が細かて凹凸が少ないので、滑りやすい石の上や粘土質の路面などを走る時に不安はあったのですが、特にツルっとイクこともなく安定して走れました。
ただマゾヒストであればバランスを崩しても幅広のソールがフォローしてくれる感じがあるけれど、XT Hawkのやや細身のソールはキビキビと走れる分、ある程度自己責任でバランスを取って走らないといけない印象を受けました。またソールが高めな分うっかり足首をひねってしまうとグキッといく可能性が高くなります。
そういう意味では、マゾヒストよりもトレイルを走り慣れたやや上級者向けなシューズというイメージを持ちました。


機能的な部分では、サロモンのシューズで最大の特徴とも言える「クイックレース」というのがあります。
これはストラップを引っ張るだけのワンタッチでシューレースを締めることができる機能です。
慣れの問題もあるかもしれませんが、私はあまりこのクイックレース方式に馴染めませんでした。
バスクのイーサーTECHなどでも採用されているBOAシステムの方が使いやすかったです。

ストラップ部分の紐を引っ張るだけだと甲の上の方だけしか締まらないので、足全体をギュッとさせようと思うと、紐の先端部分から順番に締め上げていかなければならず、また細いワイヤーのような紐なのでストラップを留める前にうっかり手を離してしまうと、テンションで紐がスルスルッと元に戻ってしまいます。
当然甲の先端のほうだけキツ目にしたりといった細かな調整は一般的なシューレースのようにはできません。であれば、ダイヤルをカリカリと締めるだけのBOAの方が全体的にフィットさせやすく、着脱も便利なのでこちらに分があるように思えます。
これはXT Hawkに限らずサロモンのシューズ全般に言えることですね。

今回のランで下りが多いところを走る際に、強いフィット感を得ようとストラップをキツめにしていたら、足に細く固い紐が食い込み甲が痛くなってしまいました。
段々と痛みがひどくなってきたので後半は紐をかなり緩めて走りましたが、痛みが引かず結局その日のランはこの甲の痛みとの戦いになってしまいました。
紐の締めすぎには注意が必要です。


細かな部分を見ていくと、メッシュ部分が涼しいです。夏場でもムレなそう。モントレイルは正直靴の中が暑いです。
ただ水たまりにちょっと入っただけで一瞬にして水が染み込みました。速乾メッシュなのですぐに乾きはしますが。メッシュ生地の丈夫さはもうしばらく使い続けてみないとわかりません。バスクのメッシュはハードに使用したら半年でビリビリになってしまいました。

アッパー部分の素材は頑丈そうです。汚れても水洗いすればすぐにきれいになります。
トレランシューズは基本的に傷つき泥だらけになってしまうのが前提なので、頑丈さやメンテナンス性も重要です。
マゾヒストはアッパーが合皮素材なので細かなキズがつきやすく水洗いを繰り返しているとボロボロになってきます。
ただこのあたりの耐久性についてはある程度の期間履き続けてみないことには明言できません。


XT Hawkはズバ抜けた軽さと衝撃吸収性を高い次元で両立し、トータルバランスに優れたキレのある一足だと感じました。
ウルトラ級の長距離トレイルにも向いていると思います。昨年9月に参加した信越五岳の時にこのシューズが欲しかった!(笑)

ややべた褒めな感じのレポートになりましたが、今回のモニタープレゼントがなかったとしても、もし事前に試履する機会があればきっと自腹で購入していたと思います。これからも当分の間マイフェイバリットシューズとして活躍させてもらうことでしょう。
短距離系スピードレースからロードを交えたようなウルトラ級長距離トレイルまで、オールマイティーにおすすめできるシューズです。

SALOMONオフィシャルサイト
トレイルランナー.JP「トレラングッズ 体感レポ」


スポンサーサイト

テーマ : ジョギング・ランニング
ジャンル : スポーツ

tag : トレイル レビュー シューズ

SUUNTO Vector HRが新発売

* このサイトは移転いたしました。新規サイトでも引き続きお楽しみいただけます。*
vector_hr.jpgちょっと前のプレスリリースからになりますが、スントのアウトドアスポーツウォッチ、Vectorにハートレート機能のついた「SUUNTO Vector HR(ヴェクター エイチアール)」がまもなく11/20より発売されます。

これ、まさに欲しかった一品がついに出た!って感じです。
スントといったらVectorでしょう。そのアウトドア時計に待望のハートレート機能が搭載されました。
もちろんハートレート(心拍計)であればすでに「tシリーズ」があります。
しかしながらt6cを代表とするtシリーズは、どーしてもカラーリングや素材感がチープで購入するに至らなかった経緯があります。
t6cは購入しようか迷い、何度も店頭で試着したりして散々悩んだあげく、Garminの405を購入してしまいました。一つ前のモデルのt6の方がまだ重厚感があってよかったんですけどね。なんでVectorのようなスントらしさが出せなかったのでしょうか。

常々Vectorにハートレート付いてればな~と思っていた矢先にこれですよ。
トランスミッターもtシリーズと同じ?っぽいし。

別に後でPCで記録が見れなくったっていいのです。
走っている時の心拍数とコンパス、温度と高度があれば十分です。

う~ん、白モデルめちゃめちゃ欲しい!
でも現在完全に金欠。ガーミン手放すか...悩みます。





tag : suuto ハートレート

「トレイルランニング」@鏑木 毅 著

* このサイトは移転いたしました。新規サイトでも引き続きお楽しみいただけます。*
F1010082.jpg F1010083.jpg

先日ハセツネの会場で、鏑木さんが手売りしていたので購入しました。
もちろんその場で直筆サイン入り。
(鏑木さんにはなぜかいつも「イチローさん」と呼ばれます。まぁいいんですけど..)


これからトレイルランニングを始めてみようかなって人におすすめの一冊。今までは石川さんの本ぐらい(こちらももちろんよい本です)しかトレラン関連の本ってありませんでした。
ある程度経験を積んだ人にも鏑木語録満載なので、改めてハッとさせられることもあると思います。

掲載されているアイテムがほとんどノースフェイスなのはご愛嬌。
ウェアのコーディネイトの写真がぎこちないのもご愛嬌。
サインが公務員っぽいのもご愛嬌。

トレランを愛する者にはマストアイテムです。




テーマ : ジョギング・ランニング
ジャンル : スポーツ

tag : トレイル 鏑木毅

Speedoのコンプレッションウェアってどう?

* このサイトは移転いたしました。新規サイトでも引き続きお楽しみいただけます。*
革新的な競泳用水着であるLZR Racerを世に広めたSpeedo社。

水着だけかと思ったら最近はコンプレッションウェアも作っているみたい。
段階的着圧を売りにしているようなので、調べてみたら同じゴールドウィン傘下のC3fitのテクノロジーを採用しているとのこと。
REGUARDほどではないにしろ、C3fitと同等の着圧を備えているということか。
ニューモデルはカラーのラインが入ってよりSpeedoっぽい?
トップスイムメーカーであるSpeedo独自の技術力で、軽さやフィット感を高いレベルで融合しているなら試してみたいけどどーなんでしょう?。

tag : Speedo REGUARD

Garmin ANT Agent for Mac 接続できない

* このサイトは移転いたしました。新規サイトでも引き続きお楽しみいただけます。*
MacにSnow Leopardをクリーンインストールをしてさっぱりしたので、そういえばGarminのANT agent(線経由のデータ転送プログラム)もそろそろMac版が使えるようになっているのではないかと早速インストールしてみました。
(以前からあるにはあるけどまともに動かず。)

最新版(2.1.3)があるみたいなのでインストール。が、405とペアリングを行うところまではできているけど、Tranceferring Dataから待てど暮らせどまったく進む気配がない。
Webで調べみる。こちらのサイトの情報によると、2.1.2, 2.1.3に関しては不具合があるようでうまく認識してくれないらしい。
via @Dogs or Caravan [software] まだ不具合は続く ANT Agent for Mac software version 2.1.3

旧バージョンの2.1.0を入れ直せば解決するらしいけど、ダウンロード先として記述のあるフォーラムからうまくダウンロードができない。
さらに再び調べるとこちらに入手先情報が。
via @世界を走ってやる! Garmin + Macユーザーの皆様!私、やりとげました!

Garmin ANT agent 2.1.0 ダウンロード先
(直リンク張らせてもらっちゃいます)


標記が日本語から英語になったけど特に問題なし。無事接続できました。


さらにTrailRunnerというGPSデータの分析ソフトに読み込ませる便利。
Windowsで定番のSportTracksのようなアプリです。
でもSportTracksに比べるとレスポンスがあまりよくないのでもーちょいブラッシュアップしてほしいところ。

とりあえずMacでもガーミンのデータが読めるようになりました。
これでいちいちBootCampでWindowsに切り替えなくてもよくなったかな?




tag : ガジェット Garmin

コフランの熊鈴

* このサイトは移転いたしました。新規サイトでも引き続きお楽しみいただけます。*
信越五岳に備え熊鈴を買ってみました。

カナダのCOGHLAN'S(コフラン)のベアベルです。
OD BOXのブログを見ていいなと思いこれにしました。

090913c.jpg


ちょっと引用させてもらいますが、正にこのとおりです。↓

630円と手ごろな価格で、使わない時は音が鳴らないギミックがある点です。
鈴って山中は鳴り続けていて欲しいですが、電車やアプローチではちょっとウルサイし迷惑ですよね。何とかならないかなと思っていたらこんなのありました。
鈴に付属する小さな磁石付メッシュケースを被せれば、磁力で鈴内のボールを固定し、鈴全体を覆うメッシュで鈴の音の反響を抑える二重の消音効果のある作りはなかなか面白いし実際効果が確かにあります。(たまに磁石がはずれて鳴りますが)メッシュはバンジーコードで繋がっていて、落とす心配もありませんので安心です。

via @トレイルランニング アートスポーツODBOX

本番まで試す機会がないのが残念。
ちなみに熊が出る時は辺りが獣の匂いがするのでそれで察知することができるそうです。

↖これ安いしかわいいし、ほんとにおすすめです。

tag : 信越五岳 ガジェット

ニューハレもよいですな

* このサイトは移転いたしました。新規サイトでも引き続きお楽しみいただけます。*
先日アートスポーツの渋谷でパワーバー&パワージェルの試食をやっておりました。

まだ発売されていない新製品のパワーバーを試食させてもらいましたが、シリーズ中では1番おいしいかも。なんかフレーバーが入っていたような気がするけど、何味だったか思い出せない。
(結局パワージェルは買わずに、好きなカーボショッツを買いました)


同時にニューハレのキャンペーンもやっていたので、マンツーマンでニューハレVテープ、Xテープの張り方を教わることができました。先日上野で開かれた講習会に参加できなかったのでちょうどよかった。
(webでも簡単な張り方は載っているし難しいもんではないけど)

ふくらはぎの疲労軽減と足首ガードの3枚使いの技を実際に自分の足に張ってもらいながらのレクチャー。
サポートタイツなどとは違いピンポイントで各部位を固定するので効果を実感しやすい。
要するにテーピングなのでもっとがっちりしているものかと思っていたけど、ちゃんと可動すべき場所は動くし気持ちが良い。なかなかいい感じ。
腰張りも効果ありそうなのでレースでやってみようと思います。

090913g.jpg
家に帰るまで半日右足だけニューハレがちがち状態でしたが、左右で違いがちゃんと感じれました。


なかなかよいのではありますが、やはり気になるのがコストパフォーマンス。
2枚入りで600円は高価。ここぞという時にはいいけど普段使いには厳しい。
長い目で見るとタイツのほうがお得です。
そこでニューハレテープをロールで購入。こちらだとハサミで切って作る手間はあるけど、金額的には遥かに安い。効果も通常のものと変わらないし。
(ここぞという時の紫のVテープも買ってます。)

信越はリガードでいくかニューハレでいくか悩みどころです。

tag : トレイル ガジェット ニューハレ

CAMELBAK+Platypus

* このサイトは移転いたしました。新規サイトでも引き続きお楽しみいただけます。*
CAMELBAKのハイドレチューブがカビだらけ(洗ってもまたすぐカビ生える)なのと、短く切りすぎて使いづらかったで交換することにしました。

切りすぎたのはベストな長さを見つけようとカスタマイズしていったら逆に使いづらくなるというありがちな罠。いつもちょっとつっぱりぎみでキューキューいってました。(苦笑)


090913b.jpgたまたま見つけたのが、Platypusの交換用チューブ
CAMELBACK純正のものよりも透明度が高く、光沢があるのでかっこよい。

純正のチューブは新品の状態だとしばらくゴム臭いのが取れないでそれも気になっていた。

サイズも見た感じCAMELBACKと同じっぽいので店員に聞いてみると、「やったことないからわかりませんが、微妙に径が違うかもしれないので合わないかも。」という忠告。
が、それを無視して人柱になる覚悟で購入。


結果的にはなんとか合体完了。

すんなりとは入らなかったので、力ずくで強引にねじ込みました。
外側の太さはほぼいっしょなんだけど厚みが違う。
断面を比べるとこんな↓感じ。
090913d.jpg



CAMELBAK純正よりもクリアで高級感があるので気に入ってます。
後は使ってみて水にゴム臭がうつらないこと祈ります。
090913e.jpg


tag : Platypus CAMELBAK ハイドレーション

CW-Xが直ったぞ

* このサイトは移転いたしました。新規サイトでも引き続きお楽しみいただけます。*
090722cwx.jpgいつも愛用しているCW-X
膝の縫い目がほつれたきたので、ワコールに修理に出しておりましたが、2週間ぶりに京都から帰ってまいりました。(ワコールって京都だったんですね。)

話には聞いていましたが、ほんとに修理無料でした。送料も着払いだったのでまったく出費なし。
すごいですね、ワコールのサポート力!! 修理の縫い目もまったく気にならないし。ありがとうございます。これで、もーしばらくこいつにお世話になることでしょう。

でも最近コストパフォーマンスも高そうなC3fitが気になってます。

tag : ガジェット CW-X

マゾヒス

* このサイトは移転いたしました。新規サイトでも引き続きお楽しみいただけます。*
MOUNTAIN MASOCHIST LIMITED(マウンテンマゾヒスト リミテッド)、購入しました。
インソールにはSUPERfeet(スーパーフィート)を合わせてみました。


もともとノーマルカラーが出たときによさげだなと思い試着はしたけど、どうもフィットがイマイチだった気がしたので保留にしていたのですが、先日の志賀野反でイーサーTECKが壊滅的なダメージを受けたことと、9月の信越五岳を見据えて結局ニューカラーを買ってしまいました。

数日前にアートスポーツの日比谷店で再び試着(この時はまだ発売前なのでノーマルカラー)。
やっぱりサイズが微妙で、ジャストを選ぶと足の両脇があたって痛くなりそうだし、一つ上にするとつま先に余裕ができすぎる気がするし...
そこでインソールをSUPERfeetで試してみたとろ、これがいい具合にフィットしてジャストサイズの方でも幅狭が気にならない。オリジナルの中敷がムニュムニュしてたのも気になっていたけど、こっちだとそれもなくカチッっとしています。ちょっと固い気もするけど踵はフィットするのでむしろ長い距離走るならこちらの方が疲れなそう。この組み合わせが気に入ったので早速予約します。

日本限定のニューカラーは石川さん仕様で、トレイルシューズらしからぬ白。あっという間に真っ黒になりそうですがそれも味ということで。後から知りましたがSUPERfeetも石川さん推薦ものなんですね。...なんかまるですごいファンの人みたい(笑)。

入荷の連絡があったので再度アートスポーツへ。
購入後、ならしのつもりでそのまま皇居ランです。日比谷店はランニングオアシスが併設されているので、皇居ランの拠点としてはとても便利です。きれいでリーズナブルなところも気に入ってます。

090718mazo.jpg早速マウンテンマゾヒストを履き皇居へ。
色は普通のランニングシューズなんで、ぱっと見では山用とは気付きません。
もともと軽めのシューズなんで、ロードもそこそこは行けます。

5分/kmぐらいのペース(時計忘れたんで感覚的に)で2周しました。汗だくです。
感想は...よくわかりません。ロードだし。
インソールのせいもあるけど、前のシューズと履いた感じがまるで違うので結構違和感があります。
メッシュ地のイーサーに比べるとちょっと蒸れるかな?足首はがちっと安定した気がしますが、土踏まずの感触がやや気になります。このへんは慣れもあるかな。
あとは実際にトレイルで試さないとなんとも..といった感じですね。
お色は気に入っております。


tag : ガジェット シューズ

Outside BUYER'S GUIDE

* このサイトは移転いたしました。新規サイトでも引き続きお楽しみいただけます。*
outside1.jpg
以前から気になっていた雑誌が、「Outside」& 「Outside BUYER'S GUIDE」。

海外の雑誌ですが愛用のVASQUEのイーサーTECや日本でも売れているmontrailのマウンテンマゾヒストがこの雑誌のギア・オブ・ザ・イヤーに選ばれているので、読んでみたいなぁと思っておりました。


outside2.jpg先日ロスの空港で売っていたので買ってみました(ほんとはトレイル系の雑誌があれば欲しかったのですが発見できず)。

日本のBeginみたいな雑誌ですが、アウトドアのウェアからサーフボード、マウンテンバイク、車、それにカメラや時計、モバイルなどのギアも満載。向こうの雑誌っぽく広告が多いので読み物としてはそんなにボリュームもなくぺらいのですが、ガジェット好きにはたまらん雑誌ですね。


tag : ガジェット アウトドア

マウンテンマゾヒストに限定カラー

* このサイトは移転いたしました。新規サイトでも引き続きお楽しみいただけます。*
米ブランド「モントレイル」からトレイルラン用シューズの日本限定モデル。白地に赤のラインが日の丸をイメージさせるデザイン。1万4490円。7月上旬発売。

MSN産経ニュース


mazo_limit.jpgモントレイルマウンテンマゾヒストに新色です。

愛用のバスクのイーサーTECHもだいぶ裏面が剥がれてきたり、縫製もほつれてきたのでそろそろ限界かなーと思っていた昨今、以前から気になっていたのマゾヒストに新色が登場!

「マウンテンマゾヒスト」、なんと言っても名前がいい(笑)。
日本限定カラーということでけっこう好きなシンプルカラーリングです。昔持ってたNIKE AIR JORDAN7(五輪モデルではないやつ)を思い出しました。

欲しいとこだけどワイズがなぁ~。STREAKは足幅が合わなくて断念しているだけに、マゾも恐らく同じかな?
足さえあれば欲しい一足です。


tag : トレイル モントレイル

「雨ニモマケズ、汗ニモマケズ」

* このサイトは移転いたしました。新規サイトでも引き続きお楽しみいただけます。*
rufous090518.jpgトレイルでの使用率100%のマイリュック、ルーファス。
主人の背中と肩の汗をたっぷりとこれでもかってぐらい吸わされ、いつもガサツな扱いで泥だらけにもなり、時には雨でぐっしょり、おまけにポケットはパワージェルでベトベト。
そんな悲惨な扱いにもめげないリュックの労をねぎらい、天気も良かったので洗濯してあげました。
石川さんのサインもあったのでいつも部分的に水洗いとファブリーズでしたが、さすがにそろそろ潮吹きそうで限界を感じでいたので、今回は洗剤使って丁寧に手荒いです。
その後天日でがっつり乾燥。さっぱりしました。
当面は全試合彼に完封してもらう予定です。

明日は東京都最高峰へ

* このサイトは移転いたしました。新規サイトでも引き続きお楽しみいただけます。*
「明日は」な時間ではもうないですけどね。
とりあえず明日は天候が微妙ですが、東京都最高峰でもある雲取山にトレイル行きます。

だからというわけでもないですが、タイフェスの帰りに渋谷のアートスポーツで珍しくサプリを購入。(すぐアートに行ってしまうところがすでに病気ですね)

musashi.jpg基本的にサプリや消耗品にはさほど興味がないというかお金かけないので、せいぜいパワージェルぐらいしか買わないんですが、ちょっとお買い得なパックが売っていたのでちょっと試してみようかなとMUSASHIREPLENISHNIのスティックのセットを購入。
さて、効果のほどはどんなもんでしょうかね?
明日(もう今日ですが)始発なのでもう寝ましょう。

tag : トレイル 奥多摩 サプリ

トレイルラン情報って増えましたね

* このサイトは移転いたしました。新規サイトでも引き続きお楽しみいただけます。*
mono0516最近健康志向の影響なんかもあるとは思いますが、トレイルランやアウトドアの情報ってホント多くなりました。(ランやロードバイク情報も増えてますね。)
ここ最近の雑誌で気が付いただけでもけっこうあるのですが、男性誌女性誌問わずファッション雑誌なんかでもちょいちょいトレラン関連情報が掲載されているようです。

今月のモノ・マガジン 2009年5月16日情報号でも『山スポ』ってことで、どーんとトレイルランがフューチャーされてます。ADVENTURE DIVASさんとこのFUN FUN TRAIL RUNが紹介されていますね(残念ながらまだ参加したことはないです)。

ゴールデンウィーク中、時間はあったのですが残念ながら天候に恵まれず山にあんまり走りに行けなかったですね(トレランなしの高尾山は行きましたが..)。週末の天候回復に期待します。

tag : トレイル

Garminの405CXはリストバンドが交換可

* このサイトは移転いたしました。新規サイトでも引き続きお楽しみいただけます。*
Forerunner 405CX4月の上旬ぐらからGarminの新型Forerunner 405CX310XTが発表されましたが、実際入手できるのは5月の上旬~中旬ぐらからのようですね。

ちなみに主な機能アップデートは
◎405CX・・・カロリー計算機能が追加 / カラーリングがブルーグレー
◎310XT・・・防水(50m)機能の強化 / バッテリー寿命が20時間

...といったところですが、気になる405CXのバッテリーは残念ながら8時間と現行の405と変わっていないよう。
カラーリングも今のところブルーの1色のみみたい。

もう一つ405で気になっていた部分がリストバンド。405は本体と一体成型なので摩耗してきた場合本体ごと修理に出して交換してもらうしかなさそうだったのですが、新型はストラップタイプにも交換が可能のよう。
特に手首の細い女性にはうまくフィットしない場合があったのですが、標準装備のマジックテープ式リストストラップと交換ができるになりました。
405を使用しててゴムバンドのところがG-SHOCKなどに比べて固めなので、逆に劣化が早そうだなとは思っていたのでこれはよいですね。
でも見た感じ現行405と同じようなんでストラップだけ入手できれば自分のも交換できそうかも。
構造的に純正以外のストラップに付け替えて楽しむとかはできなそうですが。


tag : ガジェット Garmin

頭のサイズはメジャー級

* このサイトは移転いたしました。新規サイトでも引き続きお楽しみいただけます。*
パタゴニアは以前鎌倉の台峯緑地の自然を歩く野外イベントに参加してから、(そういった活動も含めて)気に入ってちょこちょこ製品を買うようになりました。若干地元だからというのもありますが。

どの製品も機能的には優れている(と思いこんでいる)のですが、基本的に他社製(特に国産)に比べて割高でアメリカンな大きめサイズなのがネックです。
まあサイズは一個下のを選べばいいのですが試着しないと怖くて買えません。


今まで小物は割りと勢いで投資しちゃってたのですが、その分ウェアは消耗品と思ってあまりお金をかけずありものを着ている感じなので、全身がアディダスとナイキとプーマとニューバランスが混在している的な統一感のなさだったりしていました。せめてもーちょいテイストを揃えていこうかなと最近思った次第です。

パタゴニアの春夏物でVelocity Capなるスポーティーなラン用のキャップが出たので買ってみました。ポリエステルなので透湿性・通気性は良さそうですがツバの部分がフラットでそのままではちょっとB-BOYなわけです。このツバがまたコシがないのでしょっちゅう手で折り曲げてアーチを作ってあげます。気がつくとまたすぐにB-BOY(勝手なイメージ)に戻ってます。めんどくさいのでそのうち洗濯糊で固めるでしょう。

で、このキャップだけはなぜかLサイズをチョイスしてます。MでもイケるけどLのほうがしっくりくる気がする。なぜだ?髪も短めなんでそんなにボリュームあるわけじゃないのに...

パタゴニアの服ならXSでもイケるワタクシですが、頭のサイズだけはメジャー級ってことか?
サンバイザーも似合わんわけですわ。

モチベーションアップのために

* このサイトは移転いたしました。新規サイトでも引き続きお楽しみいただけます。*
Houdini Full-Zip JacketPatagonia Women's Houdini Full-Zip Jacket
これ買っちゃいました。ええ、ええ、わかってますとも。商品名のとおりレディースです。
これのMサイズがほんと自分にジャストサイズなんです。メンズのSサイズよりも脇のへんがシェイプされているようでこっちのほうが全然タイトなぴったりフィットでかっこよいのです。
基本的にパタゴニアはアメリカンなサイズなんで、Sでもでかく感じるぐらいなんで、レディースサイズぐらいでちょうどよかったりします。

Nine Trails Jacketとどっちがいいかなと思ってたんですが、Nine Trailsのほうは背中がリュックを背負ってもいいよう色違いの生地で補強してあります。トレラン用としてはこっちのほうが向いてるかもしれませんが、色違いのバランスがちょっと好きではないかなと。リュック背負っちゃえば関係ないのですが、実際に試着してみると袖口が細くて着脱しずらいのも気になって結局パス。

Houdini Full-Zipの方はフードが走るとき邪魔な気がしてたのですが試着してたらそうでもなさそう。
問題は色。 黒、青、緑の中なら黒が好きだしクールでいいかと思っておりましたが、着てみると悪くないけど何かやぼったくておじさんっぽい。う~ん、ちょっとおしい感じ。山ではカラフルなウェアが多いので黒いとなんか寂しいんですよね。
試しに明るいカラーのレディースが隣にあったので試しに試着。
赤というかオレンジというか光の加減によってはピンクっぽくも見えるので女子用って感じですが、サイズだけ見てみるつもりで着てみると、意外なほどサイズぴったり。色もなんか悪くない気が... 
ポケットの位置がメンズの胸位置と違い、左脇にあるのもちょっと面白くてカワユス。
結局その場でこの色のレディース買ってしまいました。
かぶったらごめんなさい。似合わないって笑ってやって下さい。

Tシャツランだと肌寒いけど、着たら着たで暑くなりそうな今時分の微妙な気候にぴったりです。
激軽なんで小さく丸めてリュックに入れとくといざって時命拾いするかも。
まぁ、要は単なるぺらぺらジャケットなんですけどね。

パワージェルって好きですか?

* このサイトは移転いたしました。新規サイトでも引き続きお楽しみいただけます。*
膝痛のため今月は禁ラン月間です。
あるセミナーで疲労にはアミノ酸が効くとしきりに話しておられたのをふと思い出しアミノバイタルを購入してみました。いままでこの手のサプリは買った事がなかったのですが、すこしでも回復を早めるためにサプリも接種してみようという試みです。BCAAよ、頼みます!!

サプリではないのですが、レースやLSDの時はパワージェルを愛用しています。(って偉そうに言うほどレース経験もLSDも数えるほどしかしてませんがそこはさらっと流し...)
なかでも梅フレーバーが比較的あっさりしていて好きです(味は置いといて)。でもパワーバーの方はアゴが疲れるし、味がケミカルすぎて苦手。

ジェル状なのでカロリーメイトやSOYJOYみたいな固形物よりも動きながら補給しやすい。固形物だと走りながら食べてると息苦しくなってきます。
また小さくてかさばらないので携帯もしやすいです。

ただ異常に濃くて甘いのでエネルギーをダイレクトに吸収してる感はかなりのもの。
さらに濃度が高いため猛烈に喉が渇きます。


パワージェルで一番気になっているのが、開封の問題。
必ずといっていいほど手がベトベトになります。しかもこのベトベトがちょっと指なめたぐらいじゃ取れない!

パックの先っちょを千切って開けるので、どうしても先端部分が分かれしまいゴミとしての処理に困ります。その場にポイってわけにもいきませんし、エコじゃないです。千切れないギリギリの位置で止めるなんてワザは運動中には難しいでしょう。

食べ終わった(飲み終わった?)後のパックも処理に困ります。リュックのサイドポケットに入れておくといつの間にか飲み残しが垂れてきて悲惨なことになります。
どんなにきれいに吸い取ったつもりでもなぜか垂れてきます。

奄美のレースの時はサイドポケットにケータイといっしょに入れてしまったので、ケータイがジェルまみれになり、とても通話なんかできる状態でありませんでした。
防水ケータイだったんで後で水洗いして事なきを得ましたが。


もちろん上級者の方はフラスクボトルに移し替えて水や好きなものをブレンドして飲むのは知っています。

が、パワージェルの魅力はあのコンパクトさにあると思います!
ボトルに入れたらかさばるじゃん!小振りなフラスクでもさすがにパンツのポケットには入れとけないので、何らかのリュックなりポーチが必要になります。
パワージェルだけポケットに入れて気軽に走りたい時だってありますよ、きっと。

であれば、まだ薄めてウイダーインゼリーみたいな容器で発売してくれれば飲み終った後はコンパクトになると思いますし、キャップもあるのでベトベトになりにくいはず。

できれば今の形状で、開封口だけキャップかチャック(ジプロックみたいに)にしてもらるほうが理想的かも。
缶ジュースが昔の剥がすタブから、現状の缶から剥がれないプルタブに進化したようになんかうまいことならないでしょうかね?

なんかよくわからないこと書いてますが、ようするにパワージェルへの改善要求でした。

tag : サプリ アイテム

ヒザ痛ループから脱却 @ ワコール CW-X

* このサイトは移転いたしました。新規サイトでも引き続きお楽しみいただけます。*
前回の続きにもなりますが...
日常的にすぐにできる運動であれば、ランニングやジョギングが一番手軽に始められます。
もともとそんなに運動するほうでもなく、数年前まで500メートル走るとすぐに膝が痛くなるほどでした。
膝が治るまで1、2週間かかり、その間走ることができずに悶々とし、治ったころに走り出すとまた膝が痛くなるの繰り返しでした。
運動するにも始めはウォーキングや水泳など足への負担が少ないところから始めればよいというのは重々承知しておりましたが、どーしても汗をかいて爽快な気分になりたかったんですよね。
走って汗かいてすっきりしたかったのに、逆に走りたいけど走れないストレスが積もってゆくのでした。

そんなわけでまず膝サポーターを導入しました。間接部分を安定させるスポーツ用のサポーターです。(タイツが広まったためか最近はあまり見かけなくなってきた気もします。)

サポーターを着けるとたしかにヒザの痛みが出にくく、走れる距離が増えました。スピードも出せるようになりました。
ただある程度スピードが乗ってくると、どーしても走っているうちに下にズレてきます。
ズレにくくする構造になっているためか脹ら脛にかかる部分が強く圧迫され非常に足が疲れました。

CW-X
というわけで、その後サポートタイツであるワコールのCW-Xを導入しました。
サポートタイツだとワコールとSkinsとで人気を二分しますが、イチローが使っているという理由だけでCW-Xを選択。スキンズはちょっと黄色いラインが主張していてコーディネートが難しそうな気がします...強そうだけど。

CW-Xを穿くようになってから膝も痛くならないし、脹ら脛や脚全体も疲れにくくなった気がします。こうなると俄然走る事自体が楽しくなってきて、段々と走れる距離も伸びていきます。

ある時もう膝も大丈夫なんじゃないかと思ってノンCW-X状態で20kmぐらい走ってみたら案の定膝が痛くなり、今ままでCW-Xの鉄壁の守りにガードされていたんだということを実感したのでした。500mもろくに走れなかった男が20kmも走れるようになっただけでもすごい進化ですが..

今ではタイツのサポートなしでは怖くて長距離走れません!(笑)

「着るサプリメント」のスキンズも、使っている人が多いしよさげだなーとは思うのですが、膝のサポートについては特に言及してないんですよね。もちろんガードしてくれないわけじゃないでしょうし、脹ら脛から臀部にかけて幅広くケアしてくれてパフォーマンスの向上が期待できそうですが、膝が不安なNEGOはやっぱりCW-X派です。でもスキンズの白のカモフラ柄はかっこいいのでCW-X破れたらちょっと試してみようかと思ってます。

GPSハイパーギア @ GARMIN Forerunner 405

* このサイトは移転いたしました。新規サイトでも引き続きお楽しみいただけます。*
■ガーミン : フォアランナー 405 [GARMIN : Forerunner 405]

garimin405b
今年からGARMINのForerunner 405を愛用しています。
ハンディGPSで有名なGARMIN。ガーミンのGPS内臓のウォッチタイプだと旧モデルで305がありますが少々厳つく、ちょっといかにもな感があります。その分画面は大きく見やすそうだけど、腕時計として普段使うのにはムリがあります(着けてる人いたらすんまん)。トレーニング専用としてではなく、どうせならSUUNTOのVectorのような普段使いもできる時計が欲しかったのです。
305の後継にあたる405はアウトドアウォッチと比較してもサイズは変わらないぐらい。
男性であれば普段つけていても違和感ないサイズ。実際にNEGOも普段から使用していてスーツにガーミンって時もあります。

Garmin405
GPS搭載ウォッチとして小型であるが故にGPSとしての精度を心配していましたが、今のところ低度の山で木々に覆われているようなところでもしっかり衛星を捉えています。他社製のGPS Podだと山ではあんまり使えないという話を聞いたこともあるのでたいしたものだと関心しています。
もちろんGPSケータイのそれとは比較にならないぐらい高精度で、道路の車線どちらよりを歩いたかもはっきりわかります。
後でPCのマップで移動した軌跡を確認してもズレは少ないように思います。


GARMINの405は充電式のため、購入時バッテリーの持ちが一番の心配でした。
ワークアウト時公称8時間なので実際のところは7.5時間ぐらいかと推測していましたが、使ってみてきっちり8時間は持つようで安心しました。
しばらく触っていないと勝手に省電力モードになり、画面表示が恐ろしくシンプルになります。せめて日付ぐらいは出ていてほしい感じです。

普段使いでもGPSをオフにしておくと結構持つようで、いままでうっかりバッテリー切れということはありません。ただバッテリーなので長年使っていれば電池も当然劣化するのでそのときは有償で交換になるようですが、そのころにはおそらく新型か別の時計買ってますね、きっと(笑)。

tag : Garmin トレイル ガジェット

[Nike+iPod] から [GARMIN 405] へ

* このサイトは移転いたしました。新規サイトでも引き続きお楽しみいただけます。*
■ガーミン : フォアランナー 405 [GARMIN : Forerunner 405]

最近GARMIN(ガーミン)のForerunner 405(日本仕様はForeAthlete 405)を愛用しています。

Garmin405

激しいアップダウンなど常に状況が変化するトレイルを走るようになってから、ジョギングの時のように何分/kmペースという指標がほとんど意味をなさなくなってしまいました。
それまではNike+iPodを使って今日は何分ペースで何キロ走り続けられたみたいなのをロードの時の目安にしていたけど、トレイルだと急な坂では歩いてしまうこともざらなのでペースはあまり約に立たないし、単に距離が長ければいいというわけにもいきません。

しだいにNike+は使わなくなりました。
もっとも使わなくなった一番の理由はイヤホンしたまま山道を走るのが危ないから。ケーブルを枝に引っ掛けて谷に転落でもしようものならシャレになりません。状況が変わりやすい環境下でイヤホンで耳が塞がることによって聴覚が失われるのは危険です。
また山で人とすれ違う時は挨拶は基本でしょうし、それに何より折角自然を満喫するために山を走っているのに、自然のサウンドを楽しまないのはもったいない。

しばらくイヤホンなしでNike+を使ってもみましたがケーブルが繋がっていないと液晶がすぐに消えてしまうし、トレイル用のシューズに切り替えてからうまく計測できなくなってきたり、そもそも音楽聴かないならiPodである理由もなくNike+はロード専用とすることにしました。

トレーニングの意味でも何か他にいいものはないかなぁーと思っていると、どうやら趣味などで恒常的に山を走っている人の多くは心拍数を目安にしているようです。
心拍数を計測・記憶できる時計をあれこれ検索しているとフィンランドのSuunto(スント)のものが人気のよう。フィンランドというところが北欧チック?で惹かれます。アウトドアな時計としてはよく見かけます。
POLAR(ポラール)のものも定番のようですが見た目があまり好みではありません。やはりNEGOはデザイン重視です!

やっぱりスントがいいかなと思い調べまくりまして、t3cか高いけどt6cがよいという結論に達しました。
機能的にはt3cで十分ですが、t6cのほうがPCでデータ管理できるし、デザインもアウトドアっぽいので普段づかいでもいけそうです。"時計"なわけですから普段着けていられるかも重要なポイント。
調べていくうちにやっぱりt6cがいいかなー、本命に決まり! とお金もないのに物欲だけが猛烈に湧いてきて居ても立ってもいられません。

とりあえず実物を確認しようと早速アートスポーツ日比谷店に行きます。
実際にt3cとt6cを腕にはめて比べてみます(やっぱり身につける物は実際に試着しないとね!)。

t3cまずはt3c。
写真で見るイメージより大きい感じ。
デザインはシンプルですっきりしています。ただ奥行きがあると言うか底に厚みがあるので浮いているといいうか、着けていても何か安定しない感じ。普段着けるのを知らない人が見たらチープな時計に見えなくもないかも。

次にt6c。
腕にはめた時の安定感はt3cよりもいいです。アウトドアウォッチな感じでスントっぽい。
ボリューム感はちょうどよくて普段使いでもOK。

t6cただ一つ気に入らない点が色。黒いタイプが欲しかったのですが、実際見てみると黒というよりグレーに若干焦げ茶混じり。なんか安っぽい。う~ん残念。色では黒(グレー)赤のほうがまだかっこいいですね。もうちょい黒が締まっていればいい感じなんですけどねー、もったいない。質感は大事なんですけどね。(愛用している方ごめんなさい、あくまで個人的な第一印象です。)
同じsuuntoのVectorっぽい感じにしてくれればいいのに..

フォントがジャギジャギして読みずらいのもマイナスポイント。
ちなみにどちらも裏面にはMade in China(たしか)の刻印。



何かちょっと期待はずれ(あくまで個人的な感想ですけど)な感じで、丁寧に説明してくれているアートスポーツの店員さんの声もあまり耳に入らず、t6cよりも1コ前のt6のほうがよかったかなー...なんて思いながらショーケースを眺めていると、suuntoの横になんかつるっとして宇宙っぽい時計が?
これがガーミン!?か.. あれこれwebや雑誌で心拍数を計れる時計を調べていたので当然ガーミンの405についても知っています。ただGPSの時計という印象だったのであまり詳しくは知りません。

せっかくだからこれも一応試着してみるかと、はめてみると意外とかっこいいかも!?
サイズはつるっとしたデザインのわりに結構大きめ。t6cよりもむしろ大きく感じます。
バックライトのLEDがブルー調なのもよい感じ。
ベルトのゴムはSunntoよりも固め。ベルトの部分にGPSが内蔵されているらしくどうやらその部分がもっこりしているので全体的に大きく感じるみたい。まーるいイメージだけどはめてみた感じは安定しています。ベゼルの部分をタッチセンサーとして操作する機能はガジェット好きのココロをくすぐります。デザインもシンプルだし、普段使いも許容範囲です。気に入りました。

とりあえず何も買わずに家に帰り、またあれこれ調べます。
ガーミンと言えばGPSですが、もちろんハートレートモニター(HR)もオプションであり、英語版であればHRをつけてもt6cよりぜんぜん安く買えます。何より走った軌跡をソフトで管理したり、Google Earthで確認できたりできます。これは今まで行ったことないところを走るのが大好きなNEGOにはたまらない機能。いつもは後から地図で何となくこの辺走ったのかなーと確認していたのが一発でルートが表示されるのは非常に魅力的です。

結局買いました、405。ヤフオクです。安いし。
なかなか気に入ってます。使用レポートはまた後日。

tag : Garmin トレイル ガジェット

イチローも!@ オークリー FLACK JACKET

* このサイトは移転いたしました。新規サイトでも引き続きお楽しみいただけます。*
オークリー : フラックジャケット [OAKLEY : FLACK JACKET]
2008年12月購入。

アスリートやスポーツマンに絶大なる人気を誇るOAKLEYのサングラス。
昨年末にハワイのOakley O Storeにて購入しました。
flackjacket.jpg
ハワイでは日本の中型二輪の免許で大型のバイクが乗れるということで、ハーレーをレンタルしてオアフ島一周したのですが、その際、ヘルメットはしなくてもいいけどサングラスの着用は義務づけられているということで、思い切ってホノルルにあるオークリーにて購入しました。
ABCストアで売ってるようなのでもバイクに乗るためだけであれば十分なのですが、せっかく買うのであれば気に入って長く使えるものをというのと、イチローも愛用していると理由でオークリーを選択。

イチローモデルもあるJulietがかっこよかったのですがお値段も張るので、最終的に新型でレンズも交換できるFlack Jacketを選択。カスタマイズでレンズの色もGold Iridiumにしてみました。後々トレイルで使うことを考えればもうちょい明るいのでもよかったのですが、まずはハワイの強い日差しの中でバイクに乗らなければならないので、結構しっかりプロテクションしてくれるカラーを選びました。

tag : FLAKJACKET オークリー トレイル

斬新!@バスク イーサーテック

* このサイトは移転いたしました。新規サイトでも引き続きお楽しみいただけます。*
バスク : イーサーテック [VASQUE : AETHER TECH]
2008年11月購入

ワンタッチで簡単に緩締可能なワイヤーケーブルレースのBOAクロージャシステムを搭載した一足。
(BOAテクノロジー社:BOA LACING SYSTEM参照)
amana_g2

スキーブーツでよく採用されていますが、BOAのダイヤルをくりくり回すことで、増し締めが一瞬でできます。
ランニング中に靴紐がほどける心配も一切なし。
シューズの中に小石が入ったりしてもダイヤルを引っ張れば緩めるのも一瞬なので、すばやく脱着して戦線に復帰できます。

足の甲全体が満遍なく締め付けられる感じですが、ワイヤーの掛け位置によってバランスをつま先寄りか足首寄りか大まかに変えることもできます。NEGOはWがけで全体的にタイトにフィットするようにしてます(若干脱ぎずらくはなりますが)。

購入検討時にモントレイルを始め、いくつかのメーカーのトレイルシューズを試しましたが、バスクのイーサーが一番自分の足にしっくり来ました。モントレイルのストリークが軽そうだし良いかなと思っていたのですが、実際に試すと若干ワイズが狭い気が... サイズを上げれば解決するのですが無闇にゆるくなってしまうのも嫌だったので悩んだ末断念しました。

イーサーTEC自体は実際に置いている店舗がなぜかほとんどなく、バスクの代理店をしているA&F CORPORATIONが店舗展開しているところに何件か問いあわせたところいずれも取り寄せになるというので結局試し履きせずにネットで購入してしまいました。

tag : バスク トレイル ジャングル

トレラン必須アイテム@ グレゴリー ルーファス

* このサイトは移転いたしました。新規サイトでも引き続きお楽しみいただけます。*
NEGOのお気に入りトレイルランアイテムを紹介。
まずは定番トレランバッグ、グレゴリーのルーファスです。

グレゴリー : ルーファス [ Gregory : Rufous ]
2008年10月購入。

Rufousトレイルランニング専用バック。
おそらくトレイルランナー保有率No.1 !!
バックのマルチホルダーが便利でデザインのアクセントにもなっています。
500mlのペットボトルを入れるのにちょうどよいけど、丸まったデザインのボトルだと勢いよく走っているとすっぽぬけることも...

9ℓというサイズは大きすぎず、小さすぎずでちょうどよい。
予備でレインコートやら何やらを入れようと思うとちょっと小さいかもしれないけど、大抵のトレイルレースではこれで必要十分。奄美大島の50kmレースもこいつで参戦しました。
サイドのドローコードを引っ張ることによって体に密着させることができるのも気が利いています。


ハイドレーションにはやはり定番のCAMELBAKのオメガリザーバー2.1L 。
ルーファスの背中のジッパーを開けると直接ハイドレーションに給水できる仕組みになっています。
が、今まで途中給水するほど水分補給したことないのでこの機能は未使用。

壁に引っ掛ける用の上部の小さななフックは、買った日にいきなりぶっちぎれました!
胸のベルトを留めるバックルが何気にホイッスルになっているのがかわいい。

背中の部分はメッシュになっているけどさすがに20kmも走ったりするとさすがに汗びっしょりになるので、いつも洗濯機でガシガシ洗っちゃいます。

tag : ルーファス グレゴリー トレイル OSJ

PROFILE

NEGO

Author:NEGO

新ブログサイト:kanegonia
(新規エントリーはこちらをご覧ください。このサイトは2010年1月までのアーカイブです。)
■2008年に鎌倉に越して来て以来自然に魅せられ、突如トレイルランにハマる30代男子。
スカルワッペンのルーファスがトレードマーク。
(どこかで見かけたら気軽に声掛けて下さいな)

SEARCH
NEGO Twitter
チームリガードRemix (ver.β)
    ARCHIVES

    全ての記事を表示

    CATEGORY
    CONTACT
    FAVORITE
    FEED
    MOBILE
    QR
    JOYRIDE
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。