TOP >カテゴリー [チームリガード ]

スポンサーサイト

* このサイトは移転いたしました。新規サイトでも引き続きお楽しみいただけます。*
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チームリガード 第2回練習会

* このサイトは移転いたしました。新規サイトでも引き続きお楽しみいただけます。*
今日はチームリガードの第2回練習会。
本番と同じ御岳山トレイルランのコース試走を交え練習を行いました。


御岳山(ケーブルカー滝本駅)9時集合はとってもヘビー。
ただでさえ遠いのに、病み上がりの体に乗り換えの連続はツライっす。

P1060320.jpg

今回はランナーズ山と渓谷社BODY+と豪華取材陣が同行。スゴいぞ、チームリガード!!
メンバー、スタッフ、取材スタッフの総勢何十人いるんだというぐらいの大所帯でのみたけアタック!です。

P1060322.jpg


スタートから心臓破りの坂。最初こそ張り切って走るけど1/3も行かないうちに歩きに切り替え。

本番はここをどう攻略するかがキーにでしょう。
去年はほとんど早歩きで切り抜けたけど、若干無理しても走りきった方が優位か?
心拍見合いの歩きでセーブしつつ、後半でたたみかけるか?
ショートレースなので、ある程度はスタミナやダメージを気にせず走り抜けれる気もします。


参道に出てからは比較的ゆるやかなルート。天気もいいので気持ち良く走れます。

武蔵御嶽神社から大岳山方面へのルートは最高のハイキングコース。
七代の滝~天狗岩~ロックガーデン~綾広の滝

P1060335.jpg

P1060337.jpg P1060347.jpg

P1060358.jpg
滝や巨木、苔むした岩石などマイナスイオン満載のネイチャーワールド。
昨年の雪景色の時もきれいだったけど、紅葉への移り変わりのこの時期もなかなか素敵。

P1060362.jpg
武蔵御嶽神社のサイトによるとここで実際に滝行も行われるらしい。


そこを過ぎるとコース中最高地点、鍋割山に登って下りて。
昨年のこのあたりの記憶はほとんどなくて、こんなとこ走ったっけー?な状態。
それだけ初レースの時はイッパイイッパイだったか舞い上がっていたのでしょう。


P1060366.jpg急激な下りになってからようやく記憶が蘇りました。


P1060371.jpgそこを超えると再び武蔵御嶽神社。
長い石段を駆け上りゴール。このラストスパートは歩いちゃダメでしょう。
去年ですら歩かなかったので、今年は意地でも全力疾走でゴールっす。



ここで本日の練習会は終了。
その後は前回受けたメディカルチェックのフィードバックデータをいただきました。
故障個所や筋肉の疲労してところなど細かく記載されています。
日ごろのストレッチなど手を抜いているところが見事に指摘されていてヒヤリ。

「自分の肉体マニュアル」とも言える詳細な分析データとそれに対するトレーニング方法などメンバー1人1人の分を手作業で作成していただけるなんて本当に感謝です。
アマチュアレベルの人間がここまでのものを作ってもらえるなんてそうそうないでしょう。


あとチームリガードのワッペンもできました。
サイズがぴったりなんで次回はルーファスに貼って参加しよ。
でもまた縫い付けなければいけないのが少々難点(笑)
P1060377.jpg


このあとランナーズ用にインタビューと写真撮影。
走りのシーンではおだてられつつ6テイクも撮り直し。
結果は来月(早っ!)のランナーズをお楽しみに!


その後はご飯とお風呂と宿場の庭先で御岳の山を眺めながら楽しくまったりビールをして帰りましたとさ。
スポンサーサイト

tag : REGUARD トレイル 御岳

メディカルチェックを受けました

* このサイトは移転いたしました。新規サイトでも引き続きお楽しみいただけます。*
チームリガードのアルケアさんのご好意で、メディカルチェックというものを受けてきました。

P1060239.jpg


体組成を細かく計測する InBodyという体成分分析計を使用します。

P1060240.jpgBMIはもとより部位別筋肉量、身体バランス、栄養評価などをすべて数値で表示することができます。
最終的に総合的な評価をフィットネススコアというポイントで表示されますが、自分は84。
90以上でアスリートレベルらしので、普通よりほんのちょいいーぐらいなんでしょうか。

チームリガードディレクターの田口さんはハイスコア92をたたき出したそうで、やっぱりすごい人だったんですね。


マシンの測定だけではありません。
その後は、トレーナーの方に手や足などの長さや曲がり具合、柔軟性など恐ろしく細かい精度で計測して逐一カルテに記述していただきます。

続いてドクターの問診。以前はジーコJAPANのチームドクターも務めていた方らしい...すごいっす。

総評としては、
体幹と腰回りの筋肉と柔軟性の不足

体の左右のバランスのゆがみ、左肩の痛み、腰まわりの疲れやすさなど、すべてはそこに由来するものらしい。
たぶんそうだろうなと以前から自覚はあったけど、改めて指摘されるとグサリ。

あとはかなりのO脚と扁平足。
あ..僕扁平足だったんですね...
このへんは地道に改善していく方法もあるけど共存していくようなトレーニングをしていく方がよいとのこと。
なるほどねぇ...

帰りには新製品のソックスを2本サンプルとしていただきました。アルケアさん太っ腹。

あと先日破けたリガードタイツ27も交換していただくことになりました。
どうやらあのタイツは製法上修理が困難らしい。在庫がないので後日郵送しますとのこと。
すみません、お手数おかけします。


一流アスリート並みのメディカルチェックを受けさせていただいて本当にありがとうございました。
一般レベルの健康診断みたいのでは、ここまで細かく、そしてスポーツに特化した問診を受けることは絶対ありえないので、このような機会を与えていただいたアルケアさんに感謝いたします。ドクターやトレイナー、そしてスタッフの皆さんもお休みの日にわざわざありがとうございました。
貴重な体験をした一日でした。

tag : REGUARD

リガード破けた..

* このサイトは移転いたしました。新規サイトでも引き続きお楽しみいただけます。*
破けたという表現は正しくないな。
正確に言うと穴が空いた。

F1010058b.jpg本日鎌倉~横浜のハイキングコースをのんびり走っている時に、すてんと転んでしもーたのですが、膝を軽く擦りむきリガードタイツにも穴が...
Oh! NO~

でもンタル中の高級33hPaでなく、貰った27hPaのほうだったのでまだよかった。
これ修理できるのかな?

tag : REGUARD トレイル

チームリガード 第1回練習会

* このサイトは移転いたしました。新規サイトでも引き続きお楽しみいただけます。*
いよいよチームリガード第1回目の練習会。
今回はあきる野市五日市がスタート地点。日本山岳耐久レース(通称ハセツネ)に出場した人や、コースを試走したことある人にはおなじみの舞台。
でもオイラにはまだ未開の地。五日市線というのにも始めて乗りました。


武蔵五日市駅9時集合。いつもながら鎌倉からだと西東京へは行きづらい。

出発前にコースガイドや準備体操。チームTシャツもできたみたい。
今回面白い試みとして体重測定を行いました。
トレーニングしたことによりどれだけ体が水分を失っているか、また水分の摂取量は十分だったかがトレーニング後と比較することによってわかります。

reg090907a.jpg

ハセツネのスタートフィニッシュ地点の五日市会館を横切りトレイルへ。
レースコースの逆走パターン(もちろん今回は終盤ら辺のみ)になるみたい。

reg090907b.jpg

reg090907c.jpg金比羅山、金比羅尾根へと進み、途中適度に宮地レクチャーや休憩を挟みつつ日の出山の山頂へ。天気もよく見晴らしよし。東には東京の街並が、北西には武蔵御嶽神社が望めます。
12月の本番はあそこがゴールですね。


山頂での休憩が終わると二手に別れ、体力有り余ってる組は御岳山までの往復6kmのオプショナルツアー。もちろん参加です。

reg090907d.jpg
御岳山のおみやげ屋でしばしの休憩。コーラタイムです。


reg090907f.jpgみたけのお土産と言えばモモンガ、じゃなくて「山の呼び声」!?
しかもパッケージが期間限定のレンゲショウマバージョン!を発見。

このお菓子なんか好きなんですよね~。練習中にもかかわらずついつい買ってしまい、かなりかさ張るけど強引にリュックに詰め込みます。


子供の頃から毎年初詣には親戚で集まって御岳山にお参りに来ていたので、その度に山の呼び声を買って帰るのでした。(毎回買い物する度になぜかしゃもじがもらえます)

いま考えるとなんで毎年御嶽だったんだろう。
あの頃小さかった子供たちは今ではそれぞれ別の場所で家庭を構え、大人たちは体力的に御嶽の参道を歩くのはきつくなったので今ではそろって初詣に来ることもなくなりました。


reg090907g.jpg


分岐地点に戻り、先発隊がすでに向かってるであろう今回のゴールつるつる温泉へ。

reg090907e.jpg

ここからは道なりに下るだけだからフリーでということになり、自分を含め先頭の三人は水を得た魚のように斜面を駆け降ります。
急坂を一気に下り、アスファルトのところまで来てしまったので、ここでみんなが追いつくのを待つかとしばし休憩。

すると我々の名前を叫びながら1人降りてくる隊長の姿が...???

どうやらこの人たち、道を間違えロストしていたらしい。
一カ所曲がるべき箇所(後から見たらわかりやすかった)を見落とし、後方のメンバーが叫んで呼び止めてくれたけどまったく気付かず突き進んでしまったらしい。

そういえば、つるつるはこちら..的な看板が一瞬視界に入ったような...
そういえば、なんか遠く後ろのほうがにぎやかだったような...


正しいルートまで引き返します。下るのは一瞬だったけど登るとなるとかなりの距離。
斜度もそこそこあり本日一番の難所でした。なんか得しちゃった。←プラス思考+ドM的発想!!


正規ルートに戻ってからスイッチバックな道を再び勢いよく駆け降ります。
1人だとついノロノロしちゃうとこなんでいい練習になりました。

でも逆にお待たせしてしまった皆様にはスミマセン。

reg090907h.jpg
ゴール後はストレッチと体重測定。
かなりまめに水分補給した割に、ちょうど1kg体重が減っていました。
水分補給の面からだと2%が体重変動の限度らしいのでまあ許容範囲ですね。

reg090907i.jpg reg090907j.jpg←左:使用前。 右:使用後。

つるつる温泉は名前のとおり肌がつるつるすべすべになりました。

reg090907k.jpg

リガードタイツの方は、走っている間は特に効果は実感はありません。
でも最後の下り坂は結構激しく駆け下りましたが、その後なんともないのは、やはりリガードが効いているということなのかも。
いつもならあれくらい飛ばすとふくらはぎがピクピク吊りそうな感じがすることが多いのですが、そーいうのがなかったですね。

今回33hPaタイプでしたが、足裏まである分Superfeetとの組み合わせだと土踏まずが圧迫されて痛かった。組み合わせる靴下をもっと薄くするなりの工夫が必要かも。素足に履いている気持ちいいんですけどね。


とりあえず無事第一回目が終了ということでお疲れさまでした。
メンバーの走力がかなり幅広いので、スタッフの人はチームをまとめるのがたいへんそう。
強化トレーニングではないので、基本はやはり「楽しく全員完走」目標だと思います。
ただ走れちゃう人は、ある程度距離なりスピードなり追い込まないとリガードの効果が実感しにくいかもしれないので難しいところですね。

オイラもどちらかというと(直近にレースがあったりもするので)走り込みたいタイプなんですが、次はメンバー全員がもっと楽しめるように盛り上げていきたいですね。

tag : REGUARD トレイル 御岳

CGタイツ EX33

* このサイトは移転いたしました。新規サイトでも引き続きお楽しみいただけます。*
REGUARD33.jpgアルケアさんからREGUARDお試し用CGタイツが届きました。

先日もらった27hPaのものよりもより着圧率が高く、足裏まで繋がっているのでよりコンプレッション効果が高い33hPaのエクストラタイプ
27hPaタイプとの比較も含めサンプルとしてお借りします。


専用のスリッパ(もしくはビニール袋みたいな滑るもの)がないと履くことが困難な代物。
ダイビングスーツみたいにベビーパウダーを足に塗るのもありかも。

ちょっと室内で履いてみたところ、確かに27hPaタイプよりも着圧感はあるけど不快なほどではないし、足底から足首にかけての適度な圧迫が気持ちいい。
着脱は面倒くさいけど、やっぱ高いだけあってこっちの方がいいな。

ちなみに27hPaタイプもそうだけど寝ている時の着用はNG。
あくまで直立の時に、心臓から一番遠い下半身の血流を段階的に圧力をかけることによって押し戻す仕組みなので、横になっている時は逆に血流が悪くなってしまうようですね。

早速今度のチームリガードセミナーで試してみます。


----------

チームリガードメンバーの各ブログのエントリーをRSSで拾ってきて、それを混ぜたものを新着順に表示する試みを面白そーなんでちょっと実験中。
その名も(っていうほどでもないけど)「チームリガードRemix」。
このブログの←左側真ん中あたりにあります。ケータイでは残念ながら見れません。
(mixしたRSSをはてなのRSSリーダーとかで読み込めばケータイでも見れるかもね。)
とりあえず検索で見つかった人のブログだけですが、メンバーの近況が一目でわかるかも。
仕様上どれが誰のエントリーかわからないという不便さ。だからRemix!(笑)。
とりあえずベータ版ですがメンバーのブログが出そろったらまとめ直そかな。


tag : REGUARD

皇居ランのお供にリガード ~結成式その後~

* このサイトは移転いたしました。新規サイトでも引き続きお楽しみいただけます。*
チームリガード結成式終了後は千代田線に乗り日比谷へ。
せっかく休日に東京まで出て来たのだから時間を有効活用しようと皇居トレーニングです。

もちろんリガードのお試しも兼ねています。我ながらなんとすばらしいモニターなんでしょうか!?(笑)

いつものようにランニングオアシスHIBIYAへ。もうすっかり慣れたものです。
(しかしここのWEBはいつ見ても大胆すぎる構図がちょっと引きますね、別にいいんですけど)

090829b.jpgロッカールームでリガードのCGタイツCGサポートソックスを装着します。
新品っていいですね~。艶々してます。

密着感の強いタイツなのでCW-Xに比べると3倍ぐらい履くのに時間がかかりましたが、思ったほど手こずりませんでした。結成式でデモしてもらったモデルよりも一段階 着圧が低いタイプなので構造的にもこちらのほうがすんなり履けるのでしょう。
タイツの上に短パン、シューズはSuperFeet入りのNIKEを履き、早速皇居へGO!

歩きながらリガードの着圧感をヒシヒシと実感。
太腿やふくらはぎの筋肉がムダにプルプルせずにキュっと引き締まった感じがします。


今回の目標は20kmに設定。軽く準備体操をして半時計まわりでスタート。


ruguad27.jpgそれにしてもこの日は天気が良すぎて半周しないうちから汗がダラダラ。
ハートレートも最近にしては珍しく着けてみたけど、心拍数が160~170ちょいぐらい(5分前後/kmペースで)となんか高め。


なんか下半身がいつもより熱い気がします。
リガードタイツは下半身をガッツリ圧をかけるのでCW-Xに比べると若干厚みがあり重い気がします。周回を重ねるごとにその感覚は顕著に。

下半身に熱がこもるのでそれが体全体の疲労に繋がるような感覚があり心拍数も高いままです。

でも足回りはかっちりしているので正しい姿勢を維持しやすいかな。


都心の暑さにめげ、日も暮れてテンションも下がってきたので3周で一旦断念。
でも目標未達なのがなんか気持ち悪いのと、せっかくリガード履いてるんだからという思いから、
逆送で気分を変えてもう一周走り抜きなんとか20k制覇。



ロッカールームに戻り、リガードタイツを脱ぐのがまた一苦労。脱ぎづらいとは聞いてはいましたが踵のところがなかなか足が通らないので四苦八苦しているとふくらはぎを攣りました(泣)。
千切れるんじゃないかってぐらい引っ張っても脱げないのでハサミカットでThe Endも頭を過ぎりましたが、指を突っ込み気合で引き抜きました。
安定して着替える場所がなかったり疲労困憊している時はほんとに脱ぐのたいへんです。


いや~リガードタイツ暑い日には厳しいかも。(もちろん他のメーカーもそうかもしれませんが)
でもまったくの新品だからというのもあるかもしれませんね。
製法上薄い生地を重ね合わせる時に使用する糊が残っているので洗濯して使ってくださいと説明されたような気もします。

走っている間の実感としては正直まだよくわかりません。
もうちょいいろんなシチュエーションで使ってみてから判断したいと思います。


もともと膝のサポートのつもりで買ったCW-Xも最近はあまり履いていないのもあり、もしかすると自分の場合はレースやトレーニングの後にリガードを履いて、疲労回復の目的で使用するほうが合っている気がします。(skinsの青ライン的な使い方かな)
いつもレース後はふくらはぎがムクんで倦怠感があるので、リガードの強い着圧力で血流を良くすると下半身の疲れが早く抜けるのではないかなと思います。こんな使いかたもありなんでしょうかね?

tag : ロード REGUARD 皇居

『チームリガード』 始動!!

* このサイトは移転いたしました。新規サイトでも引き続きお楽しみいただけます。*
8月29日(土)に赤坂にて『チームリガード2009』の結成式に参加してきました。

チームリガード』とは以前もちょっと書きましたが、トレーニングプログラムに参加して、チームでみたけ山トレイルランを完走しようというものです。
総勢20名弱のメンバーが港区赤坂の料亭、いやカフェ?かな..にて初顔合わせの場です。


090829a.jpg
今回スポンサー的にバックアップしてもらえるアルケアさんから、リガードとはどういったコンセプトの製品なのかといった説明や、正しく装着するにはどうすればよいかといった講習を受けました。
体の各間接などをホールドするサポーターなどの商品がありますが、スポーツをする人向けの主力商品は何と言ってもバランスアシスト・パワータイツ。
その特異なホールド感ゆえ、いきなり履こうとしても相当苦労します(笑)。

陸のLZR RACERと言っても過言ではないのでしょうか!?

Cmpression(圧迫力)&Gradation(段階的)と呼ぶその構造は、足底からふくらはぎにかけて段階的に圧迫力を減少させることで運動する脚をひきしめ軽やかにしてくれるらしい。
下半身の血流を確実に心臓に返すことにより心拍数押さえる効果もあります。
(ちなみに体重を13で割った数値が体内のおおよその血液量とのTipsがありました。)

こうした特徴はアルケアが医療の現場で長年培われたノウハウが活かされているとのこと。
チームのメンバーにはそのタイツとソックス(と後日Tシャツ)が支給されます。

今回はソックスを使っての装着レッスンを行いましたが、そのホールド感はかなりのもので最初は驚きます。結成式の間中、片足だけずっとはめておりました。
いつもは走っている時よりも、普通に立っていたり座っているほうが脹ら脛が疲れる方なのですが、リガードソックスを履いている脚の方が圧迫感はありますが、血が溜まる感じがなく疲れない気がします。

リガード以外にも今回ゴアテックスさんも協賛していて、レインウェアを頂きました。
トレイルランで着ることはあんまりなさそうですが、山ではいざって時に助かります。

今後のスケジュールや宮地隊長のあいさつ、自己紹介、記念撮影などを行い、終始和やかな雰囲気な結成式を終える事ができました。
翌週からいよいよ第一回目のトレーニングセミナーです。
090829c.jpg

tag : トレイル REGUARD

『チームリガード』に参加します

* このサイトは移転いたしました。新規サイトでも引き続きお楽しみいただけます。*
チームリガード』とは、トレーニングプログラムに参加して、仲間とみたけ山山岳マラソンを完走しようというものです。

2ヶ月ほど前に密かに応募していたのですが、「厳正なる抽選の結果当選です」という通知が届きました。

最終目標が年末の「みたけ山山岳マラソン(今年からみたけ山トレイルランに名称が変わったっぽい)」というのが、少々地味な気もしていたので、そんなに応募ないだろうと高を括っておりました(すいません)が、20名定員のところを100名の応募があったということで少々驚き。
まだ入金はしておりませんが一先ず当選ということでほっと一安心。
特典としてリガード製品の豪華詰め合わせ!?がプレゼントされます(タダじゃないですけど)。
まあ半分スポンサーでもあり、商品PRでもありマーケティングにもなる(みなまで言うな!)というわけでお互い様な感じです。製品云々よりもチームとして同じ目標に向かってトレーニングを行うところがポイントではないでしょうかね。

すでに第10回 みたけ山トレイルランのエントリーも開始されていますが、エントリー時にもしかしたらチーム名入れたほうがいいかなって思っていたので、この結果が出るまでエントリーも保留にしていました。

基本的にチームでの完走が趣旨なので初級者ウェルカムなトレーニング構成だと思いますが、オイラは昨年初のトレイルレースとしてすでに完走は果たしているで、去年以上の結果を出さないとちょっとかっこ悪いかなという不安もあります(汗)。

月に1回ペースでトレーニングがありますが、まずは今月末に結成式です。
どんな人が集まり、どんなチームになっていくのか今から楽しみです。

tag : REGUARD

PROFILE

NEGO

Author:NEGO

新ブログサイト:kanegonia
(新規エントリーはこちらをご覧ください。このサイトは2010年1月までのアーカイブです。)
■2008年に鎌倉に越して来て以来自然に魅せられ、突如トレイルランにハマる30代男子。
スカルワッペンのルーファスがトレードマーク。
(どこかで見かけたら気軽に声掛けて下さいな)

SEARCH
NEGO Twitter
チームリガードRemix (ver.β)
    ARCHIVES

    全ての記事を表示

    CATEGORY
    CONTACT
    FAVORITE
    FEED
    MOBILE
    QR
    JOYRIDE
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。