TOP >月別アーカイブ [ 2009年05月 ]

スポンサーサイト

* このサイトは移転いたしました。新規サイトでも引き続きお楽しみいただけます。*
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「Shinetsu Five Mountains Trail 100km 信越五岳トレイルランニングレース2009」にエントリー

* このサイトは移転いたしました。新規サイトでも引き続きお楽しみいただけます。*
たった今エントリーしてしまいました。
Shinetsu Five Mountains Trail 100km

信越五岳トレイルランニングレース2009

~アートスポーツ×パタゴニア CUP~


Shinetsu Five Mountains Trail 100km本日5/22よりエントリー開始。先着500名。
最終のボタンをクリックする時一瞬手が震えました。

100kmです。ウルトラです。しかも全部トレイルです。
どーしよう...早まったか..

でも3ヶ月あるからどーにかなるか...な!?
どーやって練習したらいいんでしょうね?

これ完走したら何か幸せが見えてくる..かも。
不安と期待が50:50。 いやもとい、80:20ぐらいかな今は。



エントリーフィー、宿泊、交通、装備、食料等総合すると費用もそれなりに。
あんまり余裕もないので今から節約モード。
斑尾や他のレース予定も志賀野反以外はリリースします。
(このレースだけで5つ分ぐらいのレース距離を走れるなら逆にお得って考えも?)

とりあえずソロです。いっしょに100kmトレイル走ろうという強者いますか?
とにかくがんばります。
スポンサーサイト

tag : トレイル レース 石川弘樹 信越五岳

マウンテンマゾヒストに限定カラー

* このサイトは移転いたしました。新規サイトでも引き続きお楽しみいただけます。*
米ブランド「モントレイル」からトレイルラン用シューズの日本限定モデル。白地に赤のラインが日の丸をイメージさせるデザイン。1万4490円。7月上旬発売。

MSN産経ニュース


mazo_limit.jpgモントレイルマウンテンマゾヒストに新色です。

愛用のバスクのイーサーTECHもだいぶ裏面が剥がれてきたり、縫製もほつれてきたのでそろそろ限界かなーと思っていた昨今、以前から気になっていたのマゾヒストに新色が登場!

「マウンテンマゾヒスト」、なんと言っても名前がいい(笑)。
日本限定カラーということでけっこう好きなシンプルカラーリングです。昔持ってたNIKE AIR JORDAN7(五輪モデルではないやつ)を思い出しました。

欲しいとこだけどワイズがなぁ~。STREAKは足幅が合わなくて断念しているだけに、マゾも恐らく同じかな?
足さえあれば欲しい一足です。


tag : トレイル モントレイル

雲取山アタック!

* このサイトは移転いたしました。新規サイトでも引き続きお楽しみいただけます。*
昨日はみやちさんセミナーで東京都最高峰雲取山トレイルに参戦してきました。

kumotori090517_01.jpg例によって始発です。準備も中途半端だったので3時台に起きます。
外は傘なしでは辛いシトシト雨。数日前から天気予報で覚悟はしていたものの、この雨の中実際走るのかと思うとかなりブルー。

3時間かけて青梅線の終着駅、奥多摩に到着。最近青梅線の利用率高いですがここまで来るのは初めて。駅に着く頃には雨も止んでいました。

そこからさらにスタート地点の鴨沢までバス移動。この間にも急激に天候回復。鴨沢に着くと写真のとおり嘘のような晴れ模様。
東京と山梨の県境なんでこんな看板も。(ちょうど山梨、長野方面では過酷なレースがいくつかある日でしたね)


kumotori090517_02.jpg今回はひたすら登り続けて、山頂に着いたらまたまっすぐ下りてくるコース。
鴨沢バス停前よりスタート。長い登り坂をじっくりと攻めます。ちょっと登山っぽい。
登り始めると次第に天候は曇り空に。


kumotori090517_03.jpg目指すは標高2000mを超える雲取山山頂。登った分だけ気温も急激に下がります。
最初こそTシャツでも行けましたが、開けた場所に出ると風が強いので体温も奪われます。
天気がよければ相当見晴らしもよかったことでしょう。


kumotori090517_04.jpg途中の山小屋を通り過ぎおそらく1800m超えたぐらいからはだいぶ辺りもガスってきて風もダイレクトに吹き付けます。
最後にすれ違ったハイカーの人たちは完全にレインウェアのフル装備。我々の軽装を見てなんて思ったかな?

次第にペースものろのろに。
特にこの登り坂はキツかった。写真で上から見るとそうでもないけどなかなかの急斜面。標高も結構な高さになってきたせいか一度心拍数が上がるとなかなか下がってくれません。
気温も一桁台半ばを下回るぐらいでとにかく寒い。じっとしてたら危険ですね。
帰りの時間まで計算するとあんまりのんびりもしていられず、とにかく足を進めます。
トレランというより完全に登山でしたね。ヽ(´o`;



kumotori090517_06.jpgなんとか無事山頂(2017m)に到着。東京都を制覇です!
視界はほとんどないに等しく、何にも見えず白いだけ。ただ山頂の看板だけが、自分たちが今雲取山の頂上にいるということを静かに物語っています。
ここがちょうど東京、埼玉、山梨の境界線かと物思いにふける間もなく、寒さと雨と風のため記念写真だけとってそそくさと退散。


kumotori090517_05.jpg標高が下っていくごとに確実に気温が上がっていくのを肌に感じつつ、下りはようやくトレランぽく壮快に?走ります。
天候もまた徐々に回復。向こうの山だけは晴れてるのになぁ~とちょっと憎らしく思います。

途中犬を従えて猟銃を持った一行がいました。さすが奥多摩。そういえば登りの途中で銃声みたいな音が響いていたっけな。イノシシ狩りでもしてたんでしょうか?

バス停に戻ってくる頃にはすっかりお天気モードに。山の天気は変わりやすいって言いますがまさにって感じです。
無事ケガなく戻ってくる事ができました(下りの途中、一人旅になった時に密かにコケてましたが)。


帰りに奥多摩温泉 もえぎの湯に寄り、さっぱりして帰りました。
いろいろと貴重な体験もでき楽しい1日でございました。

では、またー。(パクりましたっ!!)

tag : トレイル 奥多摩

「雨ニモマケズ、汗ニモマケズ」

* このサイトは移転いたしました。新規サイトでも引き続きお楽しみいただけます。*
rufous090518.jpgトレイルでの使用率100%のマイリュック、ルーファス。
主人の背中と肩の汗をたっぷりとこれでもかってぐらい吸わされ、いつもガサツな扱いで泥だらけにもなり、時には雨でぐっしょり、おまけにポケットはパワージェルでベトベト。
そんな悲惨な扱いにもめげないリュックの労をねぎらい、天気も良かったので洗濯してあげました。
石川さんのサインもあったのでいつも部分的に水洗いとファブリーズでしたが、さすがにそろそろ潮吹きそうで限界を感じでいたので、今回は洗剤使って丁寧に手荒いです。
その後天日でがっつり乾燥。さっぱりしました。
当面は全試合彼に完封してもらう予定です。

明日は東京都最高峰へ

* このサイトは移転いたしました。新規サイトでも引き続きお楽しみいただけます。*
「明日は」な時間ではもうないですけどね。
とりあえず明日は天候が微妙ですが、東京都最高峰でもある雲取山にトレイル行きます。

だからというわけでもないですが、タイフェスの帰りに渋谷のアートスポーツで珍しくサプリを購入。(すぐアートに行ってしまうところがすでに病気ですね)

musashi.jpg基本的にサプリや消耗品にはさほど興味がないというかお金かけないので、せいぜいパワージェルぐらいしか買わないんですが、ちょっとお買い得なパックが売っていたのでちょっと試してみようかなとMUSASHIREPLENISHNIのスティックのセットを購入。
さて、効果のほどはどんなもんでしょうかね?
明日(もう今日ですが)始発なのでもう寝ましょう。

tag : トレイル 奥多摩 サプリ

大楠山をめざせ!(三浦半島横断トレイル:後半)

* このサイトは移転いたしました。新規サイトでも引き続きお楽しみいただけます。*
090509hayama_06.jpg
三浦半島横断トレイルの旅もマイルストーンの大楠山を無事通過しいよいよ後半戦へ。

■大楠山(242m)
展望台に登れば、ここは三浦半島で一番高い場所。伊豆半島、富士山、箱根連山、大島、房総半島と360度の一大パノラマが広がります

横須賀市オフィシャルサイトより



090509hayama_08.jpg山頂での休憩を終え、ゴルフ場脇まで一旦戻り沢に沿って北上すると、ここがまた極上のジャングル。シダが生い茂り小川のせせらぎが美しい自分好みの道。

阿部倉温泉の下あたりまで来るとそこから先は完全にロスト。
地図上では進めそうなものの私有地に阻まれ右往左往。まぁ探検にはつきものなんでこういうのが逆に楽しくなります。

己の信じる方向に向かって強引に深い藪を突き進む手もありますが、貧弱なトレランルックな探検隊にはちと厳しいので安全策を取って回り道。

結局通りかかった地元のかたに助けてもらいます。ここで道を聞けていなければ日が暮れていたことでしょう。今回の旅は何度かこんな感じで助けられ、そして新たな発見もあるのでした。


やっとこさ木古庭不動尊に到着。修行ができそうなぐらいの滝壺不動滝がある。葉山随一の滝らしい。

090509hayama_09.jpgその後も右往左往あって葉山上山口の棚田に。
ここも素晴らしい景色でほんとに来て良かった。
田植えのシーズンにきたら稲のグリーンが映えてより幻想的な風景になることでしょう。


090509hayama_11.jpg途中で乗馬のできそうなところを発見。
しばし馬と戯れます。



090509hayama_12.jpg湘南国際村から子安の里へ。ここは昔ながらの里山といった感じ。

ここでも魅力的な小道を発見し突き進みます。
小川に沿って木道が整備されていて想像以上に奥まで続く。ただここでも毛虫軍団に阻まれ、触れないように踏まないように人一倍慎重に歩き、だいぶ体力を消耗。あいつらさえいなければ最高の散歩コースなのに...


トンネルを抜けるルートをあえて外して山道ルートへ進むと小さな社があり、ここがどうやら関根御滝不動尊。独特の風情があり素敵です。水汲み場所があり湧き水をペットボトルなどに汲んで持ち帰れます。

090509hayama_14.jpg
その後もちょいちょい寄り道しつつようやく相模湾側の浜辺に到着。
大楠山を中心とした三浦半島横断の旅は無事終了を迎えたのでした。
ここまでの総走行距離23km。

内容的にもボリューム満点のバイキングコースだったのでほんと楽しかったです。
一つ心残りは寄り道しすぎて幻の温泉にいけなかったこと。これは次回の探検のお楽しみにしておきます。

tag : トレイル 葉山 横須賀

大楠山をめざせ!(三浦半島横断トレイル:前半)

* このサイトは移転いたしました。新規サイトでも引き続きお楽しみいただけます。*
大楠山は三浦半島最高峰の山。
今回は大楠山を中心に横須賀~葉山の三浦半島トレイルを探検してきました。
3名体制の少数精鋭の編成でしたが、みんな土地勘がある(ようなないような)感じなので安心です!?

横須賀線衣笠駅集合。衣笠は来たことあるつもりでしたが電車から降りてみたら初めての場所でした。そうでした、衣笠集合の石川さんセミナーを猛烈な二日酔いでドタキャンしたことがあったのでなんか勘違いしておりました。
今回は今回でちょっと遅刻してすいません。

横須賀市内有数の繁華街にある衣笠駅からまずは衣笠山公園に向かいます。公園までは緩めな坂を軽くジョグ。気温が高いのでこれだけでも汗が出ます。

090509hayama_01.jpg公園で最初にたどり着いたやぐらが展望台と思ってバシャバシャ写真を撮っていましたが、その先にも古びた展望台がありました。まさか2つもあるとは!こちらのほうが高さがあり横須賀の港から今回目指す大楠山までぐるっと見渡せます。


090509hayama_02.jpg衣笠城跡地を経由して大楠山山頂へ。

山頂へ向かうトレイルがまたいい感じです。緑が溢れ小川のせせらぎを聞きながら柔らかな路面を走り抜けます。
でも前日までの雨の影響でちょっとウェット。
たぶん時期によってはこのあたりでもホタルを見ることができるかもしれません。
(実際横須賀では多くのホタルが生息できる環境の保全活動を行っています)

ただこの時期はホタルではなく毛虫がとにかく多い。
至る所に彼らが出没するのでいつもの3倍は集中力が必要です。
うっかりそのへんの枝や手すりを掴もうとしようものなら、ちょうどいいポイントで彼らがクネクネと待ち構えております。ヒ~(゜Д゜)!!
毛虫だけは本当にダメです、勘弁してください。


090509hayama_13.jpg小学生のころカブトムシを捕まえようとクヌギの木をよじ登ろうとして、枝にいた毛虫をうっかり掌で押しつぶしてしまい、手にブワーと赤い斑点のようなものができて腫れてしまった記憶が忘れられません。
それ以来完全にトラウマです。毛むくじゃらの虫を見ると身の毛がよだちます。
まだツルっとしたゴキブリのほうがかわいく感じます。
蛾もアレルギーを持っているので要注意。


090509hayama_03.jpgゴルフ場の脇を抜け、やや長い木製階段を登るといよいよ大楠山の山頂。ハイカーの人も多く思い思いお昼ご飯を食べたりしています。


090509hayama_04.jpgちょっとした売店もあり早くもビールが飲みたい気分。
ここらへんのネコはちょいちょいハイカーからゴハンをもらってるらしく人懐っこい。


090509hayama_05.jpgここの展望台が本当に見晴らしがよく、三浦半島全域が見渡せます。日の出を見に来てもきっと面白いでしょう。


090509hayama_07.jpg軽くエネルギー補給をして、ここからが後半戦。最終ゴールの相模湾側を目指します。


後半へ続く。

tag : トレイル 葉山 横須賀

カラダほぐしてますか?

* このサイトは移転いたしました。新規サイトでも引き続きお楽しみいただけます。*
トレイルのようなアップダウンのあるコースを長距離走るとすぐお尻あたりの筋肉が痛くなります。
特に自分の場合、レースで激しい登り階段などを長いこと走って筋肉を酷使するとお尻を中心に腰まわりがパンパンになり、その痛みでずっしりと疲労が溜まった気がしてその後のモチベーション低下にかなり影響します。

以前はよくマッサージに通っていたのですが、いつもお尻の上部の筋肉を指圧されるとシビれるぐらい痛く悶絶します。誰もがそこを押されると痛いポイントなんだろうぐらいにずっと思っていましたがどうやらここまで痛がるのは自分だけらしい。

もともと股関節まわりも硬いし、デスクワークが多いせいか肩こりもなりやすい。
何よりこの臀部の痛みを取るには凝り固まった筋肉をほぐすのが先決であり、それには筋トレよりもストレッチが重要であろうという結論に達しました。

というわけで、今後のレベルアップとしなやかな筋肉を手に入れるためにも毎日ストレッチをしております。

筋トレは辛いのでだんだんと手を抜きがちですが、ストレッチは気持ちがいいしリラックスもできるので長続きします。また速攻性もあるのでわりとすぐに効果が実感できます(ほっとくと戻るのも早いですが)。

ストレッチ・メソッドストレッチ本で最近買ってよかったのが、谷本道哉氏、石井直方氏著の「5つのコツで もっと伸びる カラダが変わる ストレッチ・メソッド」。
実際にどこについている筋肉を意識して伸ばせばいいかが図解で載っているので非常に効果的です。間違った姿勢も記載されていたり、解説もわかりやすい。
「この部位を伸ばすにはこの動き」というのがすぐに引けるので使いやすい。
掲載数も多すぎず少なすぎずなので一回で全身を一通り行ってもいいし、ランやスポーツの前後に自分の必要と思えるストレッチだけ選んで行うのもありです。

お尻のインナーマッスルのストレッチは相当効きました。
指圧ではほぐせなかった大臀筋よりもっと奥の「そうそう、そこそこ、そこがずっと痛かったの」と思える筋肉をダイレクトに伸ばしている感じが実感できました。
(でもこの尻を完全にほぐすには相当時間かかりそう)
ケガを予防するためにもしなやかでナイスなバディに近づくためにも普段からのストレッチを取り入れてみてはいかがでしょうか?

tag : ストレッチ

Lafuma青梅高水山トレイルラン KFCイベントレポート

* このサイトは移転いたしました。新規サイトでも引き続きお楽しみいただけます。*
KFCトライアスロンクラブのサイトで、第11回Lafuma青梅高水山トレイルランのイベントレポートが掲載されました。
■KFCトライアスロンクラブ
第11回Lafuma青梅高水山トレイルラン
11th Lafuma Ome Takamizusan Trail Run
2009年4月5日(日)

NEGO blogもレポートのトップにリンクを載っけていただきました。
ありがとうございます。稚拙な文章なのに恐縮です。
(Oさん、全然さりげなくないじゃないんですか...ヽ(´Д`ヽ))

参加された方、残念ながらリタイアされた方も、応援にこられた方も、ご一読いただけると面白いと思います。来年のレース!?の参考になるかも。

tag : トレイル レース リザルト 青梅

トレイルラン情報って増えましたね

* このサイトは移転いたしました。新規サイトでも引き続きお楽しみいただけます。*
mono0516最近健康志向の影響なんかもあるとは思いますが、トレイルランやアウトドアの情報ってホント多くなりました。(ランやロードバイク情報も増えてますね。)
ここ最近の雑誌で気が付いただけでもけっこうあるのですが、男性誌女性誌問わずファッション雑誌なんかでもちょいちょいトレラン関連情報が掲載されているようです。

今月のモノ・マガジン 2009年5月16日情報号でも『山スポ』ってことで、どーんとトレイルランがフューチャーされてます。ADVENTURE DIVASさんとこのFUN FUN TRAIL RUNが紹介されていますね(残念ながらまだ参加したことはないです)。

ゴールデンウィーク中、時間はあったのですが残念ながら天候に恵まれず山にあんまり走りに行けなかったですね(トレランなしの高尾山は行きましたが..)。週末の天候回復に期待します。

tag : トレイル

石川弘樹プロデュース@信越五岳トレイルランニングレース2009

* このサイトは移転いたしました。新規サイトでも引き続きお楽しみいただけます。*
これ↓すごいです。

Shinetsu Five Mountains Trail 100km 信越五岳トレイルランニングレース2009

100kmです! 石川弘樹さんプロデュースです!
コースの95%以上がトレイルってスゴすぎです。
トレイルといいつつ、ほとんど林道だったりロードたっぷりのレースとはわけが違います。
斑尾山、妙高山、黒姫山、戸隠山、飯縄山をまるごと堪能できます。お腹いっぱい。
う~ん、かなり出たいかも。でも100kmか...悩む。
でも多分エントリーしちゃうかも。

ソース→ 新潟日報
SportsEntryでは5/22よりエントリー開始。

ちょうどここ9月の3連休なんですよね。
10月にはMadarao Forest Trails 50km 斑尾高原トレイルランニングレース2009もあってこっちが本命だったんですけどどうしたものか...

tag : レース

過去最高益を達成

* このサイトは移転いたしました。新規サイトでも引き続きお楽しみいただけます。*
過去最高益を達成。前年同期比で見ても5%増。
って体重のことです。

今まで高校時代からそんなに変動しないと思っていた体重ですが、ここ最近になって管理を怠ると如実に数値として現れるようになりました。年のせいとは考えたくはないのですが、しばらくランを止めたり運動しない日が続くと、見事に体重に影響するようになっちゃいました。(焦っ!!)

今までの人生で最も体重が重い(67kg)のが今。わりと動いてるほうだとは思うんですけどねぇ...

というわけで5月に入ったの期にダイエットでもしよーかなと。
とりあえずラーメン+0.5を止めます。+0.5ってよくあるミニ丼とか半チャーハンとか。ついつい頼んじゃうんですよね、食べきれないくせして。(まあそもそもラーメンやめろって感じですが...)
ジョグノートもまじめにつけてみますか。
目指すは7月のレースまでに-5kg。理想的には体脂肪率も夢の1ケタ台。
まずは宣言してしまうことから、ね。(*`◇´*)/
PROFILE

NEGO

Author:NEGO

新ブログサイト:kanegonia
(新規エントリーはこちらをご覧ください。このサイトは2010年1月までのアーカイブです。)
■2008年に鎌倉に越して来て以来自然に魅せられ、突如トレイルランにハマる30代男子。
スカルワッペンのルーファスがトレードマーク。
(どこかで見かけたら気軽に声掛けて下さいな)

SEARCH
NEGO Twitter
チームリガードRemix (ver.β)
    ARCHIVES

    全ての記事を表示

    CATEGORY
    CONTACT
    FAVORITE
    FEED
    MOBILE
    QR
    JOYRIDE
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。