TOP >月別アーカイブ [ 2009年06月 ]

スポンサーサイト

* このサイトは移転いたしました。新規サイトでも引き続きお楽しみいただけます。*
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Twkiyubitter@六国峠

* このサイトは移転いたしました。新規サイトでも引き続きお楽しみいただけます。*
気付けばOSJ志賀高原・野反湖トレイルフェスティバル開催まで残すところ一週間に迫り、ろくに練習してない(いつも別に練習してないけど今回2連チャンだし)自分に焦りを感じつつ天気も良さそうなので、土曜日前から行ってみたかった六国峠まで鎌倉からソロ走りに行ってきました。


0906027bunko1.jpg今回の趣旨は「登り強化トレーニング」。
レースのペースを意識しつつ、登りは歩かず休まず、すべて「走って登る!」シバリです。
足腰強化と精神力鍛錬のため、とにかく登り坂はすべて走る!!
とは言え平地は基本走るし、下りも勢いで走っちゃうので結局ほとんど走りっぱなしの強化トレーニング。

銭洗弁天からトレイルに入り、鎌倉天園を抜け、横浜自然観察センターを経由しつつ、金沢自然公園へ。そこから能見堂緑地を通り、金沢文庫に繋がる六国峠ハイキングコースへ。

この辺は道が整備されている割に人が少なく、鎌倉ほど路面もウェットでないので、とても走りやすく、かなり気持ちがいい。

0906027bunko2.jpg金沢文庫の駅まで下りてきて、軽くエネルギー補給。
もともとちょっと遅めの早朝ランぐらいのつもりで2hぐらいで戻ってくる勢いで山に入ったので、装備も食料もかなり適当。
この時点ですでに100分オーバーだったので、そそくさとUターン。



0906027bunko3.jpg行きと若干コースを変えながら、鎌倉方面へ向かいます。
六国峠のコースは適度に丸太階段のアップダウンもあったり所どころに案内標識もあるので迷う事なくほんとに気持ちよく走れます。


調子に乗ってガシガシ登っていると、間もなく釜利谷あたりかなっってところで、突然木の根に躓いてコケました。
木の根に足を乗っける(そうせざるをえない時ってありますよね?)と足が滑ることはちょいちょいあり、すぐに反対の足を出すことによって転ばずに走るのが鉄則なんですが、どうやら滑った足が根っこが絡んだところに引っかかってしまい、バランスを崩して正面から転倒。
受け身を取ろうするも左手を中指から垂直に突いてしまいまいた。
そのままもんどりうって倒れ、体を一回転半。背中もぶつけたけど幸いリュックを背負っていたので軽少。両膝も擦り傷による軽い痛み。
しかし、左手中指に激痛。しばらく動けず.......

明らかに突き指です。

爪もちょっと剥がれて中半分ぐらいのところまで泥詰まってるし..
イタタタ、とりあえず泥落として冷やしたいけど、山の中でどうしようもないので痛みをこらえつつ、金沢自然公園までトボトボ...
実質今回はここでリタイア。


0906027bunko4.jpg水道で洗って、そのまま患部を冷やすもみるみる指の太さが1.5倍ぐらいに腫れ上がってきます。

湿布がたまたまリュックに入っていたので、きつめに指に巻いて何とかカムバック。
ここからバスで帰るという手もあったけど、次のバスが来るまでの間に走って帰れそうなんで。
ズキズキ痛む指を極力固定しながら鎌倉へ。

なんだかんだで往復30km。帰ってすぐ整形外科行きました。
幸い骨折はしてないみたいだったけど、内出血がひどくて指がツチノコみたいな形になっちゃいました(;´Д`A ``



来週のレースには何としても出たいのでがんばって直します。
スポンサーサイト

tag : トレイル 鎌倉 六国峠

レインボーブリッジを目指せ!

* このサイトは移転いたしました。新規サイトでも引き続きお楽しみいただけます。*
本日も都内宿泊。
ちょっと早起きしてジョグでもするかと思ってましたが、前日飲み過ぎのため寝坊。
予定の1/3ぐらいの時間しかないけど、このまま二度寝してしまうのももったいないのでとにかく着替えて外に出ます。

本日のスタート地点は品川駅。
どっちに向かうか全く決めてなかったけど、とりあえず白金でも行ってみるかと寝ぼけ眼をこすりつつ高輪方面へ。

明治学院の方へ抜けるつもりが、住宅街をウロウロしているうちに第一京浜に戻ってきてしまった。あらら、Uターンするのも嫌なんでそのまま泉岳寺方面へ。

090625shinagawa1.jpgまっすぐ走りながら、さてどうするかと思案。また芝公園の方へ行くのも何だし、浜離宮は時間的に厳しいし...というわけで思いつきでレインボーブリッジに決定。とばせばギリギリ時間内に帰ってこれるかな?

第一京浜を3:30~4:00/kmのペースでそのまま北上。
芝まで抜けたところで右折して芝浦JCTへ。海岸通りを経由して湾岸食堂の方へ。
見えてきましたレインボーブリッジ。このへんから眺める橋の姿が一番好きです。
時間もないので写真を1枚パチりとして、すぐさま五色橋方面へ。


090625shinagawa2.jpg旧海岸通りを通ってソニー本社、ドコモビルへ。ここで品川駅方面へ向かわず、反対の田町方面へしばらく行くと線路をくぐるためのアンダーパスがあります。
このアンダーパスが高さ1.5mの脅威の低さ!!
タクシーもよく通りますが、屋根の上に△のとんがり帽子が乗っかっているタイプは通行不可。
自転車に乗って通るのもギリで、歩いてだとしゃがまないとムリ。なんでこんな道使ったんでしょう?

新幹線、東海道、京浜東北、山手線をくぐる長~いトンネルを腰を屈めて通り抜けると再び第一京浜へ。そこから品川駅に向かいちょうど時間内にゴール。だいたい10kmのコースでした。

運動したご褒美はホテルで朝食ビュッフェ。でも時間なさすぎで7分で速攻完食orz

tag : ロード ラン

愛宕山を目指せ!

* このサイトは移転いたしました。新規サイトでも引き続きお楽しみいただけます。*
090623atago01.jpg全国に数多存在する愛宕山の中でもおそらくもっとも標高が低く、それでいて東京23区内の天然の山としては最高峰(25.7m!?)、港区の愛宕山に早朝ランを兼ねて登ってきやした。

仕事の都合で都内に宿泊を取ったので、いつもの通勤時間が省略できる分朝はのんびり。30分ほどの軽いジョギングを開始。

芝公園がスタート地点。増上寺から東京タワーを越えて愛宕山へ。
以前から前の道(桜田通りと日比谷通りの間)を車で通過する度に気になっていて一度行ってみたいと思ってました。


090623atago03.jpg愛宕山の山頂?にある愛宕神社は、しっとりとしていい雰囲気。ちょうどこの日は「千日詣り」の日らしく、この日にお参りすれば千日分の御利益があるそうな。なんか得した気分。
早朝から「茅の輪くぐり」をしてきました。

見逃していたけど神社の裏に田崎真也ワインサロンなどもあるらしい。

神社の石段はなかなかの急勾配。いいトレーニングです。ちなみに「出世の石段」というらしい。2往復してしまいましたとさ。



090623atago02.jpg 090623atago04.jpg

tag : ロード ラン

ナチュラル・イルミネーション・ラン

* このサイトは移転いたしました。新規サイトでも引き続きお楽しみいただけます。*
土曜日は1日ランづくし。ちょっとスケジュール詰め込みすぎたので反省。

090620run.jpg昼はOSJにて鎌倉~円海山周辺をラン。走行距離は24km。
気温の高さとわりといいペースで全編通したんで、帰ってきた時にはややグロッキーな状態。

それから初のボルダリングに挑戦。
予備知識ゼロでしたが、なかなか楽しい。でも、アタマでは教わった事が理解できても、カラダが思うように動かず不甲斐ない思い。
残念ながら途中でタイムアップ。悔しいので次回必ずリベンジすることを心に誓う。

終わってから握力が全然入らなくて、缶ジュースのふたも開けられない始末。
(1日経っても箸もつのもしんどいo(´^`)o)



090602yoru.jpgそしてそのの夜はナイトラン+蛍見物です。
昼間のラン~ボルダリングがだいぶ時間が押してしまったため遅刻です。
時間通り集まったことなくてすみません。

なんとか大幅に遅れる事なく合流。早速ヘッドランプを装着して出発!
まずは横浜の夜景の絶景ポイントへ。おおっ、素晴らしい。写真はシャッタースピードいじれないコンパクトカメラなんでいまいちですが、これだけ視野の広い夜景は久しぶり。いいですね。


夜景を堪能した後は、本格的なナイトラン。
我々以外は1人もいない深い森をヘッドランプの灯りだけをたよりに突き進みます。
昼間もそういえば同じとこ走ったなぁと思ったらなんか急に体がダルくなってきましたが、集中して走らないとすぐ木の根につまずいたりするので、気を引き締めます。
ヘッドランプが照らす数メートルの範囲以外は真っ暗闇で、ただ集中して走っていると段々とハイな気分になってきます。
9月にエントリーしているSHINETSU FIVE MOUNTAINS TRAIL 100kmでもナイトランは避けて通れないので、ちょうどいい練習にもなります。1人だったら絶対に夜練習したりしないだろうし (怖いから)。

しばらく走ると目的地に到着。すでに蛍見物に来ている人が結構いてびっくり。走っている間は誰1人合わなかったので、まるで夜祭りでもあるかのごとく人が集まっている様とのギャップにおどろき。
自然公園になっているので、みなさん車で正面から来たのでしょう。

ヘッドランプを消して目が慣れてくると、ほのかな灯りがちらほらと。
おお~蛍だぁ。まともに見たのは20年ぶり。
奥に進むと灯りの数はさらに増え、そのゆっくりと周期的に点滅する姿は、天然のイルミネーションのよう。

幻想的な灯りがふわふわ浮いている空間は、人がいなければものすごく神秘的な情景でしょう。
へっぽこカメラではまったくもって光量不足なので写真はあきらめ、心のフィルムに焼き付けることにします。雲に覆われたほんのりとした月明かりの中、やわらかな灯りが点滅する様をただ眺めます。
なんとなくやさしい気持ちになれる気がします。

家からも走って来れる距離(普通の人はこんな走りませんが)に、こんな神秘的な空間があったのには驚きでした。

帰りは同じ道をUターン。再び誰もいない真っ暗闇をひた走ります。
ヘッドランプは4年ぐらい前にもらったLEDのものですが、思ったよりは使えるけどやっぱりもうちょい明るいのが欲しい。数人でいっしょに走っている間はいいけど、完全に1人で走っている時はちょっと頼りなく、車のヘッドランプに比べたら自分のはホタルの灯りぐらいのもの。もうちょいスピード出して走ろうと思ったら、せめて今の1.5倍は明るいのを買うか、躓かないことを祈りながら走るしかないですわ。

ゴール後はラーメン食べて、お風呂へ。14,5kmは走ったんではないでしょうか。
いろいろな経験も積めた楽しい夜でした。

tag : トレイル ナイトラン 鎌倉 横浜

裏鎌倉トレイル@[RUNより花よりだんご]

* このサイトは移転いたしました。新規サイトでも引き続きお楽しみいただけます。*
日曜日は[RUNより花よりだんご(タイトル一部拝借)]企画に乗っかり鎌倉トレイルです。
総勢5名。一応ワタクシも地元ではございますが、何分新参者なのでまだまだ王道のコースぐらいしかわからず今回はいろいろと裏ルートを教えていただきとても新鮮でした。

090614kam01.jpg

横浜の港南台よりスタート。予報では曇りの予定でしたが、若干日も出てきてやや暑いぐらい。
円海山周辺をビートルズトレイルメインに走りつつ、途中小粋な裏道を経由しながら鎌倉天園へ。

090614kam51.jpg090614kam52.jpg090614kam53.jpg090614kam54.jpg090614kam55.jpg

そこからまた裏ルートをはさみつつ朝比奈方面へ。
いつも「ここ抜けたらどーなるのかな~っ」て思っていたり、「えっ、こんなところから入れたの?」って思うようなルートなど、まさに自分が探検したかったルートを偶然なのかドンピシャで教えて貰えてたのでほんとに楽しかったです。
多分まったく初めてこの辺の道を走っても素直に面白いコースだし、ある程度表の道も知っている人でも新鮮な驚きがあり点と点とが結び付く感覚です。
改めて鎌倉は(横浜のところもありますが)奥が深いなぁと思いましたね。


090614kam91.jpg十ニ祖果樹園や久木大池を抜けてロードに出ます。この辺は逗子ですね。
そして逗子ハイランドのメロン館へ。
今回の目的の半分はここのメロンパンエイドではないかと感じでしたが、さくさくでおしかったっす!
ガイドブックにも乗っている有名店なのでお店の存在は知っていましたが、今回立ち寄ることができました。わずかな滞在時間でしたが、大量にメロンパンを購入していくお客さんが多かったですね。


090614kam71.jpgエイドによる体力回復後は衣張山を抜けて、覚園寺あたりから明月院へ抜けます。その後は六国見山へ。このあたりは鎌倉アルプストレイルランレース以来で、途中足吊りそうだった記憶がよみがえります。

大船高校に出て本日のトレイルは終了。走行距離およそ25km。
ご褒美にガリガリ君。何気に暑かったからか、疲れたからか、ガリガリ君がこんなにおいしいと思ったのは初めて。普段はめったに食べない(家の冷凍庫にももらったガリガリ君が1年くらい放置したままだし)のに、この時ばかりは最高でした。
みんなしてコーラ片手にガリガリ君をかじりながら、まるで小学生のような出立ちで大船の銭湯へ向かいましたとさ。


tag : トレイル 鎌倉 逗子 横浜

朝の特別強化トレーニング

* このサイトは移転いたしました。新規サイトでも引き続きお楽しみいただけます。*
距離と時間は短いですが瞬発力を高める効果があります。
タイムトライアルの要素も兼ねています。
ただ危険を伴いますのであまりお勧めは致しません。

だいたい寝不足気味の朝に実施することが多いです。

まずは自宅から自転車ライドです。2kmの距離を終始全力で走り抜け、心拍数を一気にMAXに持って行きます。
車、信号、小学生といった障害物が多いのでかなりの集中力と臨機応変な対応が求められます。
しかもロードバイクではなく無印の20型のタイヤがちっちゃいヤツなので、スピードと上げるには相当なペダルの回転数が必要です。それでいてその滑走のようすは傍目から見て滑稽です。

次に駐輪場にて、トライアスロンばりの勢いで自転車からランへ切り替え。
ここでのポイントはスピードを意識しつつ落ち着いて行動すること。慌ててしまうと鍵がなかなかかけられず重大なタイムロスにつながります。

ランは駅まで300mダッシュ一本勝負。心拍数を維持しつつ、美しいフォームを意識。体中の力を出し切るつもりで。
途中関門がありゲートの通過にはsuicaが必要なので常に手に忍ばせておきます。
タイム設定がかなり厳しいので、この時点でタイムアウトになり泣きを見ることもあります。

ラストには登り階段が待っています。ここは二段抜かしが必須です。
ゴールはそのまま電車駆け込み。タイムの貯金があると息を整える時間があります。
ただこれはスタートタイムに大きく影響するので一概に言えません。
最大のポイントは、何事もなかったかのように平然と涼しい顔をしていること。
汗だくでゼーゼーハーハーは周りの人に嫌悪感や不信感を与えかねません。


以上のようなトレーニングを週3回ほど行っております。

でもなぜか足元は革靴です。

北鎌倉@台峰散策ラン

* このサイトは移転いたしました。新規サイトでも引き続きお楽しみいただけます。*
本日はお散歩トレランてことで、北鎌倉駅の南西に広がる台峰緑地へ。

台峰はガイドブックにはほとんど乗ってません。
長年保全活動が行われていて驚くほどの自然が残されています。
駅前はすごい人でしたが、台峰散策中は誰にも会うことなく自然を満喫。

090613d1.jpg
090613d3.jpg
090613d2.jpg

こんなルート↓だいたい18km弱。
大仏裏~葛原岡神社~浄智寺~北鎌倉駅前~台峰緑地をぐるぐる~(ショートカット)葛原岡神社~大仏裏~長谷配水池~成就院~由比ヶ浜

お散歩のわりにはけっこうな距離になっちゃいました。

tag : トレイル 鎌倉

Outside BUYER'S GUIDE

* このサイトは移転いたしました。新規サイトでも引き続きお楽しみいただけます。*
outside1.jpg
以前から気になっていた雑誌が、「Outside」& 「Outside BUYER'S GUIDE」。

海外の雑誌ですが愛用のVASQUEのイーサーTECや日本でも売れているmontrailのマウンテンマゾヒストがこの雑誌のギア・オブ・ザ・イヤーに選ばれているので、読んでみたいなぁと思っておりました。


outside2.jpg先日ロスの空港で売っていたので買ってみました(ほんとはトレイル系の雑誌があれば欲しかったのですが発見できず)。

日本のBeginみたいな雑誌ですが、アウトドアのウェアからサーフボード、マウンテンバイク、車、それにカメラや時計、モバイルなどのギアも満載。向こうの雑誌っぽく広告が多いので読み物としてはそんなにボリュームもなくぺらいのですが、ガジェット好きにはたまらん雑誌ですね。


tag : ガジェット アウトドア

トレイルランニングCAMP in 赤城山

* このサイトは移転いたしました。新規サイトでも引き続きお楽しみいただけます。*
akagi11a.jpg週末はTHE NORTH FACE主催のトレイルランニングCAMP in 赤城山に参加するため群馬に遠征。

3,000円で鏑木毅さんを筆頭に多くの著名なアスリートの方々に直接指導してもらえるだけでなく、一泊二日の2食付、いろいろおまけまで貰えてしまう採算度外視のお得な企画。

予定にあった間瀬ちがやさんは急遽来れないようでしたが、佐藤浩巳がいらっしゃいました。講師全員が雑誌やブログでいつも目にする豪華メンバー、すごいです。



初日の土曜は机上講習が中心。夕食前にストレッチと30分ほど軽くラン...のはずが終わってみれば結構汗だく。鏑木さんペース早すぎ。
夕食はバイキング形式。畳部屋の相部屋方式で11時には消灯。なんか修学旅行みたい。

akagi01a.jpg7時起床予定でしたが、せっかく赤城まで来ているのに時間がもったいないので5時に起きて早朝ラン。相部屋のメンバーも早起きして思い思い赤城の朝を堪能していました。


akagi02a.jpgakagi03a.jpg

akagi04a.jpg

akagi05a.jpg9時よりフィールド講習会開始。快晴です。
ノースフェイスでリュックやシューズの無料レンタルを提供していたので、「ラッキーチャッキー」を借りて赤城山を走ることに。
商品を実際の環境で試着してフィット感を確認できるっていいですね。
最初こそちょっと重いかなって感じでしたが、トレイルに入るとそれほど気にならず。それよりもグリップがしっかりしていて安心して走れる感じ。フィット感もなかなかよし。店頭に並んでいたら恐らく選んでいない一足ですが、意外としっくりくるので、試着って大事ですね。


akagi06a.jpgakagi07a.jpg

晴天ということもあり、赤城山からの見晴らしは最高です。
気温も30度近くあり、だいぶ日焼けもしましたね。

akagi08a.jpgakagi09a.jpg

講師の方によってレクチャーの方法やアプローチの仕方が違っていて面白かったですね。
特に新鮮だったのは佐藤さん。女性の講師に教わるのは初めてでしたが、細かく丁寧に説明してくれるし、とにかくハイテンション!

一緒に参加した人ともけっこう知り合うことができて、貴重で楽しい週末でした。


tag : トレイル 赤城山

久々の早朝ラン@FLORIDA

* このサイトは移転いたしました。新規サイトでも引き続きお楽しみいただけます。*
090601.jpgインフルエンザ騒動もなんのその、ただいま北米出張中。

ここ最近ランの時間を取れませんでしたが、久しぶりに朝散歩ついでに走ってみました。

いつもと空気が違うところを走るのは新鮮です。
日が出てからだと、この時期でも激しく日焼けするので、朝日が昇り始めるぐらいのうちに10kmほどのラン。気温が高いので汁だく状態です。

カロリー抑え目な生活を意識しておりますが、何食べてもボリューム満点なアメリカンな食事がつづいているため、今まで稼いだダイエット分の体重もおそらく帳消しかも。
10km走ったぐらいじゃリセットできません。

brownie.jpgしばらく甘いものも控えてたつもりだけど、せっかく来たのだからとデザートを頼んだらお皿にてんこ盛りのチョコブラウニーホイップののせがやってきました。
もちろん一人では食べきれる量ではないのでシェアしましたが(向こうの人たちは一人でも食べれるんでしょうけど)、一週間分のカロリーは一気に摂取した感じですね。

インフルエンザよりも日本に帰ってから体重計に乗ることのほうが恐ろしいです。
PROFILE

NEGO

Author:NEGO

新ブログサイト:kanegonia
(新規エントリーはこちらをご覧ください。このサイトは2010年1月までのアーカイブです。)
■2008年に鎌倉に越して来て以来自然に魅せられ、突如トレイルランにハマる30代男子。
スカルワッペンのルーファスがトレードマーク。
(どこかで見かけたら気軽に声掛けて下さいな)

SEARCH
NEGO Twitter
チームリガードRemix (ver.β)
    ARCHIVES

    全ての記事を表示

    CATEGORY
    CONTACT
    FAVORITE
    FEED
    MOBILE
    QR
    JOYRIDE
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。