TOP >月別アーカイブ [ 2009年10月 ]

スポンサーサイト

* このサイトは移転いたしました。新規サイトでも引き続きお楽しみいただけます。*
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハロウィンな夜はワンダーxワンダー

* このサイトは移転いたしました。新規サイトでも引き続きお楽しみいただけます。*
ハロウィンは関係ありません。<( ̄∇ ̄)ゞ
すでに至るところで告知されているので、トレイル走る人で知らない人はいないと思いますが、NHKのワンダーxワンダーで、「ウルトラトレイル・デュ・モンブラン」を3位でゴールした鏑木さんに密着した番組が放映されました。

このレースには鏑木さん以外にも多くの日本人選手も参加しましたが、今回は完全に鏑木さんだけにフォーカスしたもの。(個人的には間瀬さん達の姿も映像で見たかった..)
ゲストでも本人が登場し、「自分の究極の姿を見てみたい」という言葉が刺さりました。

先日のUTMB アスリート凱旋報告会で生身の言葉でレースの状況は聞いていたけど、モンブランの雄大な景色は映像で見ると違いますね。
空撮の映像は鳥肌が立ちました。

あと、いっしょに走っているカメラマンの人がすごい。写真で見ると担ぎのでかいカメラだけど、NHKだからやっぱりあれ抱えて走ってたんだろーな、すげ~。

11月末のBSの特番も楽しみです。

スポンサーサイト

tag : トレイル ツールド・モン・ブラン

NIKE The Human Race 10K

* このサイトは移転いたしました。新規サイトでも引き続きお楽しみいただけます。*
行ってきました、「NIKE The Human Race 10K 2009」。とにかく寒かった。

nikehuman10k_b.jpg
前日の天気予報でも、現地が寒いであろうことは予想できました。
車移動だったのもあり、どんな天候になってもいいようにとウェア類だけは潤沢に用意しザックがパンパンの状態で、「山登りでも行くんですかー?」なんて小馬鹿にされてましたが、早朝の本栖湖は風も若干あり寒い寒い。真冬並みの装備は正解でした。

nikehuman10k_a.jpg
富士五湖ですから、当然富士山も近いです。ほんのり雪化粧のMt.FUJI。夏の登山以来です。

駐車場に車を止め、そこからシャトルバスでメイン会場へ移動します。

nikehuman10k_c.jpg
会場に到着すると、すでに赤一色。何千人もの人が同じTシャツを着て走るレースなんてそうそうないでしょう。なかなか壮観な絵面です。

nikehuman10k_d.jpg
事前の目標タイム申請でクラス分けされ、リストバンドの色でスタートのブロックが変わります。黄色なので一番前の組ですね。何分で申請してたかは覚えてません。


nikehuman10k_e.jpgシャトルバスから降りたところからてくてく歩いてステージのあるメイン会場まで来たのですが、クロークに荷物を預けた後、スタート位置に付くために再び同じ道を戻らなければいけないのでした。
しかも黄色バンドなんで一番遠いところ。
走ればたいしたことない距離だけど歩くとものすごく遠く感じます。

ウォーミングアップも兼ね、走ってスタート地点に向かいます。


nikehuman10k_f.jpg←メイン会場からスタート地点へ向かうところ。まさに赤一色。
Tシャツの背中にペイントしたり、切り込み入れたりオリジナリティを出している人もいてお祭りムード。

それにしてもすごい人の数で、スタートまであと数分しかないという状態なのになかなか前に進めず、このままではスタート時間までにたどり着けないのでは?とちょっとヤキモキしました。


nikehuman10k_g.jpg
スタート地点にはなんとか2分前に到着。
深呼吸して心を落ち着かせます。

nikehuman10k_h.jpg
11時、号砲とともにスタート。
走り始めて400m過ぎた所からが計測開始。
スタート直後って人が密集しすぎててまともに動けなかったりするので、これはなかなか良いシステムです。



さて、ここからは本気モードのガチンコレース。ロードのレースは久しぶりだったので、今の力を試してみたくなりました。

デジカメは持っていたけど、左手に握りしめたまま、レース中は一度も電源を入れる余裕がありませんでした。なので写真はありません。

何にもないのもなんなので、ガーミンの走行データでも↓
nikehuman10k_pace.jpg

坂道以外の所は3分50秒台をキープです。
心拍数はずっと180オーバーぐらい。
10kmレースなんで、このペースでもなんとか最後まで持つでしょう、たぶん。


走り始めから2kmぐらいしたあたりから、密集していた人もばらけ、人口密度が薄まってきたので走りやすくなります。

途中1kmごとに距離表示のボードがありますが、その隣にジョーダンやアームストログなどのアスリートのメッセージボードがあり、これにはけっこう勇気づけられました。

「苦しさは、やがて消える。
  あきらめた事実は、永遠に残る」

こんな言葉見たら本気で走るしかないでしょー!


本栖湖の景色を楽しみながら走ってましたが、「逆さ富士」はすっかり忘れてました。
天気が良ければお札にデザインされてるような湖畔に映る美しい富士山が見れたらしい。
でも天気いまいちで意識しててもちゃんと見れたかどうか...


イーブンペースで走ることを心がけていたけど、6km過ぎたあたりからスネのあたりがピリピリしてきて息もあがってきましたが、自分よりもちょっとだけ早いぐらいの人の後にくっついて離れないようにしてました。

お腹が冷えてきた感じもしたので給水所もすべてスルーです。


8kmすぎて仮想ペーサーの彼が失速。
ここまで引っ張ってくれてありがとう。これからは自分が代わりに引っ張るよという思いで前に出ます。

でもやっぱり苦しい。ペースを落としたい。
何kmのとこだったかな?、メッセージボードに「...がまん、がまん...(本文忘れ)」
苦手な言葉だけど、ここは本当にがまん、がまん。


あとはとにかく自分の力でゴールまでペースを維持しました(後からデータ見るとはちょっとペース落ちてましたが)。ゴールが近づいてきたところで最後のダッシュ!

ゴールの時計では11時43分。
実際のネットタイムは後ほどWEBで確認できます。



nikehuman10k_i.jpg
ゴールはこんな↑感じ。

nikehuman10k_j.jpg
ゴール後しばらくは、いっしょにエントリーしたメンバーを探してゴールゲート付近にかじりついていましたが、全員赤い格好なのでよくわからない状態。

走っている間はちょうどよい気温だったのですが、時間の経過とともに汗が引いてくるととにかく寒い。写真↑のようにみんなゴールでもらったエマージェンシーシートみたいなのにくるまって寒さをしのいでいました。

nikehuman10k_k.jpg
腹が減ったのでエイドのバナナをむさぼりつつ観戦。
長谷川理恵さんが会話できるぐらいの距離をすれ違ったのでちょっと感動。
見惚れてシャッター切るの忘れてました。
梅宮アンナさんとかもいましたね。


nikehuman10k_l.jpg
レースも落ち着き、後半はライブです。
厚着をしてのんびり観戦。
天気が良くてビールを飲みながらのライブなら最高だったけど、どちらも叶わず。
(車で来ている人が多いせいか会場でのビール販売はなかったようです)

しかしながらあまりの寒さにめげて、最後までライブを見届けることなく退散。
車で会場を後にする頃には雨が降り出していたので早期撤退も正解だったかな。



こちらからレース結果が検索できます。
ネットタイムは40'08"
世界では1,048位
本栖湖組では:58位/6,345名

おしい、40分切りならず。できれば50位内に入りたかった!
記録としてはもうちょっとだけ伸ばしたかったけど、言い訳要素0の現状MAXの結果です。
これ以上の成果を出すには、それこそちゃんとトレーニングを積んで、体重もあと3kgは削らないとムリですな。
弱い心に打ち勝つ走りができたという意味では満足のできる結果でした。
紅葉に囲まれた本栖湖は空気が澄んでいて気持ちのいいレースでした。
後は寒ささえなければ、ライブももっと盛り上がれたんですけどね。

帰りは予想通りの渋滞でござんした。

「王滝スノートレイルレース」ってなんだ!?

* このサイトは移転いたしました。新規サイトでも引き続きお楽しみいただけます。*
先日発表されたOSJの2010年のOSJトレイルランニングレースシリーズの前半のタイトル。

第1戦 1月31日(日) OSJ奄美ジャングルトレイル50K
第2戦 2月21日(日) OSJ王滝スノートレイルレース
第3戦 3月14日(日) OSJ新城トレイルレース
第4戦 4月11日(日) OSJ奥久慈トレイル50K


来年はとりあえず奄美は見送ります。
奄美大島自体はいいところなんですけど、コースがほとんど林道だし、いわゆるトレイルが全体の5、6%ぐらいしかないのがちょっと...何より予算的に厳しい。

奥久慈の噂に聞くハードっぷりはかなり惹かれますが、青梅高水/ハセツネ30Kとスケジュールが近すぎます。

そして一番気になるのが「OSJ王滝スノートレイルレース」。
“スノートレイル”ってなんだ!『かんじきレース』のこと?
詳細知りたいです。
でも鎌倉アルプス・トレイルランと日程かぶるんだよな~(出ないけど)。

それにしても最近OSJ行ってないな~。石川さんセミナー復活しないんかなぁ...

tag : トレイル OSJ

鎌倉アルプストレイルも...

* このサイトは移転いたしました。新規サイトでも引き続きお楽しみいただけます。*
エントリー締め切りですって。

2010年の鎌倉アルプス・トレイルラン大会、10/20付けで募集定員に達したとのことで締め切りになってしまいました。
あらら....エントリーしそこねちゃった。残念、地元開催なのに..
ボランティアでもしよっかな。

tag : トレイル 鎌倉

チームリガード 第2回練習会

* このサイトは移転いたしました。新規サイトでも引き続きお楽しみいただけます。*
今日はチームリガードの第2回練習会。
本番と同じ御岳山トレイルランのコース試走を交え練習を行いました。


御岳山(ケーブルカー滝本駅)9時集合はとってもヘビー。
ただでさえ遠いのに、病み上がりの体に乗り換えの連続はツライっす。

P1060320.jpg

今回はランナーズ山と渓谷社BODY+と豪華取材陣が同行。スゴいぞ、チームリガード!!
メンバー、スタッフ、取材スタッフの総勢何十人いるんだというぐらいの大所帯でのみたけアタック!です。

P1060322.jpg


スタートから心臓破りの坂。最初こそ張り切って走るけど1/3も行かないうちに歩きに切り替え。

本番はここをどう攻略するかがキーにでしょう。
去年はほとんど早歩きで切り抜けたけど、若干無理しても走りきった方が優位か?
心拍見合いの歩きでセーブしつつ、後半でたたみかけるか?
ショートレースなので、ある程度はスタミナやダメージを気にせず走り抜けれる気もします。


参道に出てからは比較的ゆるやかなルート。天気もいいので気持ち良く走れます。

武蔵御嶽神社から大岳山方面へのルートは最高のハイキングコース。
七代の滝~天狗岩~ロックガーデン~綾広の滝

P1060335.jpg

P1060337.jpg P1060347.jpg

P1060358.jpg
滝や巨木、苔むした岩石などマイナスイオン満載のネイチャーワールド。
昨年の雪景色の時もきれいだったけど、紅葉への移り変わりのこの時期もなかなか素敵。

P1060362.jpg
武蔵御嶽神社のサイトによるとここで実際に滝行も行われるらしい。


そこを過ぎるとコース中最高地点、鍋割山に登って下りて。
昨年のこのあたりの記憶はほとんどなくて、こんなとこ走ったっけー?な状態。
それだけ初レースの時はイッパイイッパイだったか舞い上がっていたのでしょう。


P1060366.jpg急激な下りになってからようやく記憶が蘇りました。


P1060371.jpgそこを超えると再び武蔵御嶽神社。
長い石段を駆け上りゴール。このラストスパートは歩いちゃダメでしょう。
去年ですら歩かなかったので、今年は意地でも全力疾走でゴールっす。



ここで本日の練習会は終了。
その後は前回受けたメディカルチェックのフィードバックデータをいただきました。
故障個所や筋肉の疲労してところなど細かく記載されています。
日ごろのストレッチなど手を抜いているところが見事に指摘されていてヒヤリ。

「自分の肉体マニュアル」とも言える詳細な分析データとそれに対するトレーニング方法などメンバー1人1人の分を手作業で作成していただけるなんて本当に感謝です。
アマチュアレベルの人間がここまでのものを作ってもらえるなんてそうそうないでしょう。


あとチームリガードのワッペンもできました。
サイズがぴったりなんで次回はルーファスに貼って参加しよ。
でもまた縫い付けなければいけないのが少々難点(笑)
P1060377.jpg


このあとランナーズ用にインタビューと写真撮影。
走りのシーンではおだてられつつ6テイクも撮り直し。
結果は来月(早っ!)のランナーズをお楽しみに!


その後はご飯とお風呂と宿場の庭先で御岳の山を眺めながら楽しくまったりビールをして帰りましたとさ。

tag : REGUARD トレイル 御岳

UTMB アスリート凱旋報告会

* このサイトは移転いたしました。新規サイトでも引き続きお楽しみいただけます。*

THE NORTH FACE ULTRA-TRAIL DU MONT-BLANC 2009
THE NORTH FACE アスリート凱旋報告会


F1010087b.jpg


2009/8/28に開催され、世界で最も過酷なレースと言われる「ウルトラ・トレイル・デュ・モンブラン(通称ツール・ド・モンブラン)」に参加された、THE NORTH FACEがスポンサードする選手の報告会に参加してきました。

ツール・ド・モンブランという響きと鏑木さんが表彰されたということは速報で知っていましたが、実は報告会に行くまであまりこのレースのことをよく知りませんでした。

美しい写真を時系列に追い、時折選手のコメントを挟みながらたっぷり時間をかけて解説。
モンブランの雄大な景色とそれを背景に、時には笑顔で時には必死の形相で走る選手の姿が印象的でした。

本日発売のTarzan No.544をちょっぴり早くいただきました。
ほとんど自転車ネタですが、今回のツール・ド・モンブランも6ページにわたって特集が組まれております。
帰りに改めて読んだら、日本ではトップアスリートと呼ばれる人たちが、ぐでぐでの状態になりながら必死にゴールを目指す姿が目に浮かび、先日の自分の信越五岳の時の心境
と重なり、なんか胸が熱くなりました。

おそらく実現したとしても数年がかりになるとは思うけど、いつかはこの3カ国を股にかける100マイのレースに参加してみたい!と思ってしまったのでした。

tag : UTMB 100マイル トレイル

ハセツネ応援~逆走して御岳へ

* このサイトは移転いたしました。新規サイトでも引き続きお楽しみいただけます。*
日曜日はハセツネの応援に行きました。

天気が本当によくて風もないので絶好のコンディション。
信越五岳とはまったく違った雰囲気で、どこかピリピリとした緊張感が漂います。

なんかこっちまで走りたくてウズウズしてきました。
(ってなることを想定して、ちょっと走れる格好してきてたりして)

五日市会館内は各スポンサーのブースが軒を連ねており、ちょっとしたお祭りのよう。
鏑木さんが自身の著作のトレラン本を手売りしてました。
お得な商品もちょいちょい売ってたりするので、見て回るのも結構たのしいです。


所用があり関門に移動して応援するほどの時間もないので選手スタート後は残念ながら帰宅することに。
でも3時間ぐらいは時間取れそうなので、ちょこっと走ってから帰ることにします。


13:00のスタートを選手全員見送り、ハセツネコースを逆走して御岳山を目指します。
金比羅尾根~日の出山~御岳山と走り、そのままケーブルカー下の滝本駅まで走って下山しました。
ちょうど10kmぐらいの行程。でも来年は71.5km挑戦してみたいかな。

DSC_0006.jpg

DSC_0007.jpg

DSC_0019.jpg

DSC_0027.jpg

DSC_0031.jpg

DSC_0034.jpg

DSC_0040.jpg

DSC_0042.jpg


DSC_0275.jpg

DSC_0271.jpg DSC_0293.jpg

(今回は久しぶりに一眼を持っていったのでテイスト違います)

tag : トレイル ハセツネ

東京マラソン 抽選結果(落選)のお知らせ

* このサイトは移転いたしました。新規サイトでも引き続きお楽しみいただけます。*
東京マラソン 抽選結果(落選)のお知らせ

という悲しいお知らせが届きました。
まぁやっぱりなぁという感じの3連敗。

去年は勢いで青梅マラソンにエントリーしましたが、今年はまぁこれといって。
青梅高水でもまずはエントリーしますか。

tag : 東京マラソン

「トレイルランニング」@鏑木 毅 著

* このサイトは移転いたしました。新規サイトでも引き続きお楽しみいただけます。*
F1010082.jpg F1010083.jpg

先日ハセツネの会場で、鏑木さんが手売りしていたので購入しました。
もちろんその場で直筆サイン入り。
(鏑木さんにはなぜかいつも「イチローさん」と呼ばれます。まぁいいんですけど..)


これからトレイルランニングを始めてみようかなって人におすすめの一冊。今までは石川さんの本ぐらい(こちらももちろんよい本です)しかトレラン関連の本ってありませんでした。
ある程度経験を積んだ人にも鏑木語録満載なので、改めてハッとさせられることもあると思います。

掲載されているアイテムがほとんどノースフェイスなのはご愛嬌。
ウェアのコーディネイトの写真がぎこちないのもご愛嬌。
サインが公務員っぽいのもご愛嬌。

トレランを愛する者にはマストアイテムです。




テーマ : ジョギング・ランニング
ジャンル : スポーツ

tag : トレイル 鏑木毅

Speedoのコンプレッションウェアってどう?

* このサイトは移転いたしました。新規サイトでも引き続きお楽しみいただけます。*
革新的な競泳用水着であるLZR Racerを世に広めたSpeedo社。

水着だけかと思ったら最近はコンプレッションウェアも作っているみたい。
段階的着圧を売りにしているようなので、調べてみたら同じゴールドウィン傘下のC3fitのテクノロジーを採用しているとのこと。
REGUARDほどではないにしろ、C3fitと同等の着圧を備えているということか。
ニューモデルはカラーのラインが入ってよりSpeedoっぽい?
トップスイムメーカーであるSpeedo独自の技術力で、軽さやフィット感を高いレベルで融合しているなら試してみたいけどどーなんでしょう?。

tag : Speedo REGUARD

ぶらり「ハセツネ1/5+陣馬・高尾」の旅

* このサイトは移転いたしました。新規サイトでも引き続きお楽しみいただけます。*
いつものぶらりトレイルの旅。
日曜日は天気も良かったので、奥多摩方面南部へ。
来週開催される日本山岳耐久レース(ハセツネ)のイントロ部分を舐めつつ、陣馬山経由で高尾山に抜けるプラン。ちなみにレースには出ませんよ。


P1060249.jpg
8時ちょい前に武蔵五日市駅に到着。
似たような格好の人も7~8人見かけたけどレースの試走かな。でもここから皆さんバス移動のよう。やはり夜間走行部分を明るい時に走っておくのでしょう。


おいらはここからスタート。とりあえずレースのスタート&ゴールの五日市会館へ。
レースの順路に沿って山に向かいます。が、Webからプリントアウトしたざっくりの地図しかないので、文字がぼやけてよくわからん。
案の定ルートを間違え、農作業をしている方に教えてもらいながら山道へ。
P1060262.jpg


P1060274.jpg P1060275.jpg

100kmレース後久しぶりのトレイルで体が重い。
変電所の脇を通り今熊神社へ。この先から登りがきつくなってきます。

その後も登り基調で刈寄山手前まで。左に折れて陣馬・醍醐丸方面へ。
途中で山岳耐久レース15km地点の標識が。
このあたりはなだらかで走りやすかったですね。

それまでの山道は結構しんどい。久しぶりに山を走ったけどトレイルってこんなにツラかったのね。
斑尾や信越の山がいかに走りやすく楽しいコースだったかを改めて実感。


P1060293.jpg
そこからもーちょい進むと三国峠と陣馬方面の分岐にたどり着きました。

ハセツネのスタッフの方が設営をしています。
「ここまでどんくらい?」
「2時間ちょっとです。」
「レース出ればいいのにもったいない」
何て話をしてましたが、後で時計を見直したらとっくに2時間半はオーバーしてました。まぁ、広い意味で2時間ちょい?
70km走るつもりのペースだったらもっと落とさないとカラダ壊れます。


ここまでで走ってた人は2、3人ぐらい。途中急な登りを1人で駆け下りていく女の子とすれ違ったけど、この時間に一体どこからスタートしてきたのでしょう?
あと猟銃を持った人を何人も見かけます。一週間後のレースに備えてなんでしょうか?


ここでハセツネコースともお別れ。全体の1/5のほど楽しませてもらいました。
この道のりをあと50kmも走るなんてやっぱり「耐久」って言葉がピッタリですね。
来週出る人は頑張ってください。


P1060296.jpg
和田峠に出たあと長い木段を登って陣馬山山頂に到着。ノンアルコールでお疲れさん。


P1060297.jpgちょっとノンビリして12時にリスタート。
ここからは人多かった。トレランのメッカとも言うべき高尾陣馬。
さすがに走っている人も多い。



ちょっと気になるのがイヤホンして山を走ってる人。
特にマラソンのトレーニングの延長で山走ってますって雰囲気の人に多い(年配のひとでもいますね)。
まさか常にラジオで山の天気予報を聞いているとも思えないし。
フラットで変化のない道路を淡々と走る時ならいいけど、山道で音楽聴きながらって危なくないですか?すれ違ってもあいさつしませんってこと?
万が一誰かが助けを求めていても聞こえませんってこと?
もーそんな人はクマに襲われて死んでしまえ!(言いすぎました、すいません。クマも無闇に人襲いません。)
自分や周りの人の安全のためにも、マナーとしても、そして自然の中に身を置いているということを意識する上でもイヤホンは外しましょーよ。そのほうが気持ちいいし。
もっと自然のサウンドに耳を傾けてみては?



ここからは道幅も広くて走りやすい。
ノンアルコールでも体がダルくなる気がしますが気のせい?
滑りそうだなってとこでやっぱり転倒。人前でももう慣れっこです。
一回コケておくと気が引き締まります。

景信山・小仏峠を抜けて高尾山。
ここからさらにハイカーや観光客が増えます。
稲荷山コースを走りますが、人多すぎで行程の半分は歩き。
疲れてきたのでちょうどいいかな。


P1060305.jpg
15時前に高尾山駅に到着。
総距離31km。ぶらりにしてはよく走りました。
膝の外側がちょっと痛し。



P1060304.jpg

テーマ : ジョギング・ランニング
ジャンル : スポーツ

tag : トレイル ハセツネ

今日の朝練

* このサイトは移転いたしました。新規サイトでも引き続きお楽しみいただけます。*
chojagasaki091003.jpg本日の朝練は、葉山方面へロードワーク。
基本的にはR134を走り、長者ヶ崎まで行って往復。

スタートして15分後には土砂降りに。
帰りは小坪のY食やMやっちゃんの前を通過するも全然開店前なのと経費削減のため断念。

先日の心拍トレーニングを意識してZONE4をだいたい維持。

2時間ちょっと。22km。
やっとカラダの中の毒素が抜けたような気がしてさっぱり。

さ~て、一眠りするか。 (おいおいっ)




tag : ロード 葉山 逗子 鎌倉

NIKEのHuman Race エントリーキット

* このサイトは移転いたしました。新規サイトでも引き続きお楽しみいただけます。*
The Human Race 10K 2009のエントリーキットが届きました。

humanrace.png
参加賞兼ゼッケンでもあるTシャツはこないだもらったのとやっぱり同じもののよう。素材やプリントがショボめなのでちょっとがっくし。
でもプリントされているNo.は、全世界でもユニークなものらしい。


同封されたリストバンドのカラーでウェーブスタートの順番が分かれているみたい。黄色だから一番最初かな。ライブはオールスタンディングで一時間だけのようですね。

P1060246.jpg


破けたので修理希望のリガードのタイツCG TIGHTS27も今日、新品が届いていました。
アルケアさんありがとうございます。

テーマ : ジョギング・ランニング
ジャンル : スポーツ

tag : NIKE HumanRace REGUARD

PROFILE

NEGO

Author:NEGO

新ブログサイト:kanegonia
(新規エントリーはこちらをご覧ください。このサイトは2010年1月までのアーカイブです。)
■2008年に鎌倉に越して来て以来自然に魅せられ、突如トレイルランにハマる30代男子。
スカルワッペンのルーファスがトレードマーク。
(どこかで見かけたら気軽に声掛けて下さいな)

SEARCH
NEGO Twitter
チームリガードRemix (ver.β)
    ARCHIVES

    全ての記事を表示

    CATEGORY
    CONTACT
    FAVORITE
    FEED
    MOBILE
    QR
    JOYRIDE
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。