TOP >スポンサー広告 >スポンサーサイト>トレイルラン >トレイルランニングの定義

スポンサーサイト

* このサイトは移転いたしました。新規サイトでも引き続きお楽しみいただけます。*
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トレイルランニングの定義

* このサイトは移転いたしました。新規サイトでも引き続きお楽しみいただけます。*
先日「トレイルランニング(レース)の定義」とは何かというお話を聞く機会がありました。
それによると

・コースの75%以上が未舗装の路面であること
・高低差があること
・自然による障害物があること
・景観がよいこと

以上の4つが当てはまることがトレイルランニングレースとして(行政的に?)認可される条件らしい。ソースが定かではないのでこうであると名言はできないけれど、言われてみると確かにそうかもと思いました。
多くのレースに参戦していますが、確かに上記の条件には合致しています。

未舗装の路面とはアスファルトなどで舗装された道ではないこと。自然の土の道や砂利道などです。まったく整備せれていない山や森の中を走るのは含まれません。
自然による障害物とは倒木や岩や瓦礫など。人間が意図的に作った障害は違うということになります。


よく混同されるクロスカントリーとは何が違うのか?
通常道ではないところに新たにコースを作って走る競技がクロスカントリーで、トレイルランニングはハイキング用の道や登山道など整備された(舗装はされていない)道を走る競技というのが自分の認識ですが、これはいまいち自信がありません。わかる方いれば教えてください(レースの4つの条件についても同じくです)。


そもそもトレイルランニングとはなんなんでしょう?
改めて確認してみたくなり、自宅にある書籍を取りだしてみました。

日本のトレイルランの第一人者、石川弘樹氏著「トレイルランニングを楽しむ」によると

トレイルランニングは、登山道や林道、ハイキングコースなど、おもに山の中にある自然の道(トレイル)を走るスポーツである。

山道を走る競技としてはクロスカントリーや、山岳レースと呼ばれているものなどもあり、なにをもってトレイルランニングとするか、という明確な定義は難しい。



2009年UTMB第3位、世界の鏑木毅氏著「トレイルランニング」によると

トレイルランニングは、近年、欧米を中心に世界的に行われている山道(トレイル)を走るという新しいランニングスタイルです。

また

トレイルランニングは、ランニングとハイキングのいいとこ取りのスポーツです。

だったり、

トレイルランニングは、「自由」で「想像的」なスポーツだと思います。

とも記されています。(一部抜粋)

どちらにも共通して書かれていることが、トレイルランニングとはアウトドアアクティビの1ジャンルとして、自然の中で走ることを楽しむスポーツだということです。


気が付くとトレイランを初めて早1年以上。
今までは山を「走ること」を「ただ楽しむ」だけでしたが、今年は今一歩踏み込んで地理や技術面、安全面だったり自然環境にも意識も持ち、より深くトレイルランニングに関わっていきたいと思っています。もちろん「楽しむ」ということを忘れずに。
スポンサーサイト

テーマ : ジョギング・ランニング
ジャンル : スポーツ

tag : トレイル

コメントの投稿

どーでもいいことですが敬称を「っち」に統一しました。
なので「ねごっち」でよろしく。「さん」はいりません。
管理者にだけ表示を許可する

PROFILE

NEGO

Author:NEGO

新ブログサイト:kanegonia
(新規エントリーはこちらをご覧ください。このサイトは2010年1月までのアーカイブです。)
■2008年に鎌倉に越して来て以来自然に魅せられ、突如トレイルランにハマる30代男子。
スカルワッペンのルーファスがトレードマーク。
(どこかで見かけたら気軽に声掛けて下さいな)

SEARCH
NEGO Twitter
チームリガードRemix (ver.β)
    ARCHIVES

    全ての記事を表示

    CATEGORY
    CONTACT
    FAVORITE
    FEED
    MOBILE
    QR
    JOYRIDE
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。